<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ホドラーの描く「湖」

スイスの面積は、日本の九州とほぼ同じ。
そこに、約1500の湖がある。

山の上に無数に点在する小さな湖は、鏡のような湖水に雄大な山の姿を映しとる感動的な美しさである。

b0302344_12662.jpg


トゥーン湖



b0302344_126699.jpg


Landscape on Lake Geneva 1906  ジュネーブ湖 


b0302344_126612.jpg


レマン湖


b0302344_126685.jpg


トゥーン湖
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-28 16:27 | 絵画

社長太平記の海軍キャバレー

「社長太平記」は1959年の東宝映画。
社長シリーズの第六作である。
映画の冒頭は戦艦マーチが鳴り響く。

>
b0302344_2152742.jpg


そして、戦闘シーン。


隊長が加藤大作、小林桂樹が兵曹、森繁久彌が二等兵。


これが戦後、会社の中での地位が逆転し、森繁が社長、小林が専務、加藤が庶務課長。

この妙に捩れた関係が喜劇的に描かれるのだが、
この映画の中に、当時の風俗である海軍キャバレーが出てくる。


b0302344_2152752.jpg



海軍キャバレー「大和」


b0302344_2152783.jpg



入口には水兵が・・。


b0302344_2152758.jpg


 


コートを預かるのも水兵。



b0302344_2152725.jpg


 


楽団も水兵。


 


b0302344_2152711.jpg


 


ダンスは女性水兵。


 


b0302344_2152752.jpg


 


新人時代の水野久美がホステス役で出ている。マタンゴ。


この時代はもちろん、1965年頃までは戦前を引きずっていた戦後であったと思う。


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-18 22:21 | 日本映画

モスクワ郊外の夕べ クレムリンの尖塔添え




「モスクワ郊外の夕べ」


これは戦後の流行歌です。


それにしても、クレムリン宮殿は魔法の国みたいですね。


b0302344_226457.jpg


b0302344_226412.jpg


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-18 21:55 | 世界の音楽

ディア・ハンター







ディア・ハンタのディアとは鹿。
鹿狩りのハンターである。
my dearのディアではおまへんのや。

1978年の映画でロードショーで見に行きました。
この頃は、まだ映画は映画館で見る習慣があったのだ。

えらい長い・3時間・・映画でして、
最初の出だしの部分でガーンとやられました。

最初は製鉄所が映り、仕事が終わり工員が帰宅する。
工員の結婚式があるというので皆、出席する。
極めて結びつきの強いコミュニティを思わせる。

それから結婚式の準備をするシーンで教会の尖塔が・・・モスクワ郊外の夕べ。
ビザンチン東方教会なんです。

それで、ここは米国内の露西亜系移民のコミュニティであることがわかる。
ダンスパーティでカチューシャを歌い、コサックダンスを踊る。
男3人が徴兵で月曜日からベトナムへ。
その1人(ニック)は結婚式を挙げてから戦場へ。

そして、翌日は男達は鹿狩りに出掛ける。
狩の後は町で飲む。
裸で走ったりして遊ぶ。

最期、酒場に隅で誰かがピアノを弾く。
その曲はショパンのマズルカなのです。

このシーンの後、突然、ベトナムの戦場シーンへ。




ベトナムのシーンは戦闘シーンは殆どなく、ロシアン・ルーレットの連続。
3人は精神に異常を来たし、ニックは軍を出て行方不明に。
ニックはサイゴンの町でロシアン・ルーレットの賭けに興じる集団を目にする。
怪しげな男からプレーヤーになれば金を稼げるという誘いを受ける。

2年後、他の2人は帰還。
彼等にサイゴンから謎の送金があり、ニックが生存している事を知り陥落寸前のサイゴンへ探しに行くが・・・結局、ニックはロシアン・ルーレットで死ぬ。

ニックの葬式の後、仲間がニックの家で酒を飲む。
しかし、余りに悲しくて話が続かない。
すると誰かがGod Bless Americaを歌い出し合唱になる。
そして、ニックに乾杯・・・の一言で映画は終わる。


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-11 22:18 | 泰西映画

鉄人28号はアニメの前に動画があった



漫画「鉄人28号」が「少年」に連載されたのは1956年である。

テレビアニメの「鉄人28号」が、グリコの提供で始まったのは、1963年である。

しかし、その前に実写版の「鉄人28号」があった。

これを見た記憶が「かすか」にある。

1960年に日本テレビ系列で放送された。全13話でモノクロ。

2月に始まり4月には放送終了していた。

記憶によると、鉄人はドラム缶を被ったような着ぐるみで、

敵の着ぐるみロボットと殴りあっていた。動きも単調で、かなり退屈だった。

実は、その実写版を思いだしたのは、先日、2005年に上映された、実写版の「鉄人28号」を、DVDを借りて見たからである。



結論として、鉄人の実写版には無理がある。

鉄人は、武器を持たないロボットなので、殴るしかないのだ。

あの、大きな図体で殴るしかないのは、映像が持たないのである。



b0302344_126393.jpg




これは目黒川のような気がするが・・・・。ブラック・オックスの片腕が飛ぶ。



b0302344_126438.jpg




秘密基地を出発する「鉄人28号」。けっこうカッコ良い。



b0302344_126448.jpg




それでも、結局、殴り合う・・・・しかない。



鉄人は太平洋戦争末期、日本軍が起死回生を掛けて構想したロボット兵器開発計画。

南方の島の地下に秘密研究所を作り、日本の科学者や技術者を総動員して開発を始めたが、完成前に事態を察知したアメリカ軍の爆撃を受け、計画は灰燼に帰した。
戦後、この鉄人計画を引継いだ科学者が、何回も失敗した後に、秘密裏に26号、27号、28号を完成させた。
2005年の松竹映画「鉄人28号」では、金田正太郎の祖父が兵器として開発した鉄人を、その息子が戦後に完成させた後に事故で死去、その子の正太郎が、ブラック・オックスの攻撃から東京を守るために、鉄人を操縦する・・・・というストーリィになっている。

・・・それで、さらに思いだしたのは「鉄腕アトム」の実写版である。

何が怖かったのか詳しく覚えてないのだが、
このアトムの実写版を見て、子供の頃に魘された。
なので、もう一度見たい気がする。
覚えているのが・・・・

・空を飛ぶプレート(マンホールの蓋のようなもの)

・殺人犬



この2つに魘されたのだ。なんだろう???

[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-08 23:01 | 少年時代

主題歌しか覚えていない「七色仮面」




「七色仮面」は1959年6月~1960年6月までの1年間、テレビで放映された。

「七色仮面」は、東映が月光仮面の原作者である川内康範氏(森進一とおふくろさん騒動を起した)に依頼して作成したテレビドラマである。

当初から映画化を考えて製作されたので、予算不足の宣弘社の作品(月光仮面等)とは出来が違う。



しかし、筋は全く記憶にない。

多分、出来が良すぎて、子供には面白くなかったのだと思う。

顔が7つに変わるというコンセプトは、どうも子供には分りにくい。

なんとか仮面は、仮面を着ける前が1つ、仮面が1つで、合計2つ。7つに変わる必要はないのだ。
ただ、川内康範氏の書いた歌詞は実に秀逸。

とけない謎を さらりとといて

この世に仇なす 者達を

でんでんどろりこ やっつけろ

でんでんどろりこ やっつけろ

ななつの顔の おじさんの

本当の顔は どれでしょう

  


でんでんどろりこ・・・とは、どのようなやっつけ方なんでしょうか?
なお、二代目「七色仮面」は千葉真一である。

これは千葉真一のデビュー作でもある。


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-08 22:49 | 少年時代

テレビドラマで失神「恐怖のミイラ」

ある時は「アムゼルくん」。

また、ある時は、某おいちゃんのコメント
>

恐怖感のついでに申せば、「恐怖のミイラ」という番組、あれは怖かったなあ・・・ブルブル


この一言で思い出しました。
1961年の番組ですから、実写版「鉄腕アトム」と違い、鮮明に覚えています。


「恐怖のミイラ」のオープニング。

なんとYOU-TUBEにありました。






月光仮面は1958年2月から1959年7月

鉄腕アトム・実写版は1959年3月から1960年5月

鉄人28号・実写版は1960年2月から4月

恐怖のミイラは1961年7月から10月


子供にとっての「2年」の成長は大きいですからね。


「連続テレビドラマとしては日本初となる本格的ホラー作品で、放映当時はあまりの恐怖に失神する視聴者が続出した」



そもそも「ホラー」と言うジャンルが初体験なので、失神する人が出ても不思議でないかも・・・・
プロレスの「力道山・ブラッシー戦」を見て、老人がショック死した時代ですから。



「恐怖のミイラ」は、なんとインターネットで配信中。

以下のサイトでストーリィ等は参照ください。



http://www.dupj.jp/uod/uod_kyoufuno_miila/index.html


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-06 17:38 | 少年時代

世紀の怪作「ゴジラvsキングギドラ」(4)

b0302344_195278.jpg


 


未来人の陰謀によりキングギドラの日本経済破壊がはじまった。


 


b0302344_195299.jpg


 


キングギドラは別名グローバリズムとも言われる。


又の名を規制緩和、財政再建、成長戦略とも言われ、


消費税増税が大好物である


 


b0302344_195241.jpg


 


このキングギドラを退治するには・・・自衛隊では無理。


首相官邸では「ベーリング海峡に眠る・・転送されたゴジラザウルスに核爆弾をお見舞いしてゴジラに変身させるしかない」・との素晴らしい結論となった。


それで核爆弾をどうやって調達するのか?


台本では「実は日本が密かに核爆弾を保有していた」と、良い子の世界の一般常識のような内容になっていたが、放射脳の多い日本ではやはり「まずかんべ」ということになり、「日本企業が海外に核兵器を搭載した原子力潜水艦を保有していた」と台本が書き直された。


 


b0302344_195394.jpg


 


b0302344_195377.jpg


 


この原爆保有企業の社長が、かつてゴジラザウルスに助けられたラゴス島守備隊長、その人であった。助かった命を日本経済復活に掛けて頑張ってきたのだ。


 


b0302344_195323.jpg


 


b0302344_195382.jpg


 


こうしてゴジラは復活し、反日のキングギドラとの決戦に向かうのである。


 


b0302344_195319.jpg


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-04 17:10 | ゴジラ

世紀の怪作「ゴジラvsキングギドラ」(3)

b0302344_252386.jpg


上陸した米兵はゴジラにやられたが・・・


b0302344_252313.jpg


 


b0302344_252376.jpg


 


b0302344_25232.jpg


 


艦砲射撃により・・・・


 


b0302344_252377.jpg


 


ゴジラは倒された。


 


b0302344_252369.jpg


 


我々を救って呉れた命の恩人を、このまま見捨てていくのは忍びないが・・・・


 


b0302344_252374.jpg


 


今の我々にはどうすることも出来ない。


 


b0302344_252348.jpg


 


ぐがあああ・・・・。


 


b0302344_25236.jpg


 


我々は本土に帰る。恩は決して忘れない・


 


b0302344_252317.jpg


 


b0302344_252313.jpg


 


ゴジラはそのまましばらく生き続けた。


その後、米軍によるビキニ環礁での原水爆の実験が行なわれ。


ゴジラは巨大化して日本を目指すことになる。


 


「ゴジラ対キングギドラ」1991年より


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-04 17:06 | ゴジラ

世紀の怪作「ゴジラvsキングギドラ」(2) ゴジラVS米軍

怪獣映画の第一作であるゴジラは、米軍の接収されビキニ環礁で沈められた「長門」の怒りの戦後日本への帰還である・・・。
・・・・と以前、書いたことがある。
「戦争は間違いでした。もうしません。平和国家になりました。」という戦後社会への怒りの帰還なのである。




実は史実によるとゴジラは日本軍と共に、米軍と戦っているのである。

b0302344_25749.jpg



これが証拠の写真である。
次に再現映像である。

b0302344_25790.jpg



南太平洋に浮かぶ米国艦隊

b0302344_2572.jpg



b0302344_251128.jpg



b0302344_25112.jpg



b0302344_251168.jpg



b0302344_251434.jpg



b0302344_251417.jpg



b0302344_251768.jpg



b0302344_251746.jpg



ガオー(ええい・・・うるさいわ)

b0302344_251764.jpg



b0302344_252061.jpg



b0302344_252044.jpg



b0302344_252336.jpg



これが史実なのだ。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-02 12:43 | ゴジラ