<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Sometime ago

チック・コリアのReturn to foreverは4曲で構成されている。


その最後の曲が、Sometime ago   La  fiesta である。


フローラ・ピュリムのボーカルが入る。


 


 






 


 


この曲を聞くと、ダリの絵画「目覚めの一瞬前に柘榴の周りを蜜蜂が飛びまわったことによって引き起こされた夢」を思い出すのであった。


 


One Second Before Awakening from a Dream

Caused by the Flight of a Bee Around a Pomegranate, 1944

 

b0302344_053021.jpg

 

[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-30 19:23 | JAZZ

Chick Corea    Sometime Ago





 


マイルスのところに居たピアニストが1971年頃から独立して、このクレヨンで自分の名前を書いただけのアルバムを2枚出した。それを友人が購入したので、借りて来てカセットテープに録音して聞いてるうちに、テープでは音が物足りなくなり自分もLPを買ってしまった。


 


懐かしいアルバム。


 


翌年、例のカモメのアルバムが出てチック・コリアは有名になる。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-30 18:31 | JAZZ

ゴジラ対メガロ1973年

『ゴジラ対メガロ』は1973年3月に公開された「ゴジラシリーズ」の第13作である。


観客動員数は98万人。


ついに100万人を切る。


 


この作品は低予算だけでなく、製作日数も3週間と限られていた。


特殊技術の中野昭慶は「とにかく低コスト、最低の時間でどこまでやれるんだという、そういった問題との取り組みがものすごくあった」と語っている。


 


そこで子役を採用し、メインの女優を省略した。


ゴジラシリーズで唯一、メインキャストに女性が存在しない作品となっている。


 


その代わり、怪しいシースルーのダンサーが登場。


 


b0302344_052928.jpg


 


この映画で印象的なのは初期のカーラジオである。


 


b0302344_052917.jpg


 


クラリオンなのか?富士通テンなのか????


 


b0302344_052989.jpg


 


子役の少年。


 


b0302344_052999.jpg


 


メガロというのは昆虫怪獣とのことだ。


 


b0302344_05297.jpg


 


蝉をモチーフにした怪獣のようである。


 


b0302344_053082.jpg


 


自衛隊のロケット砲。


 


b0302344_053084.jpg


 


少年の兄が作ったロボットとゴジラの握手。


「叫びとささやき」のイングマール・ベルイマン監督もびっくりのシーンなのだ。


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-27 23:39 | ゴジラ

消費税の計算

企業の消費税の計算は年間売上×5%-年間に法人として支払った消費税である。


ホントは消費税は4%で地方消費税1%=5%なんだが面倒なのでまとめる。


 


売上高5000万円の会社は5000万円×0.05=250万円。


これが8%になると5000万円×0.08=400万円。


 


ああやだやだ。


 


ここからが問題で、支払った消費税をどう計算するか?


 


原価のところに出てくる仕入額は全て消費税がかかっているので、まんず、これを引く。


 


原価2500万円だとすると、2500×0.05=125万円


 


さらに一般管理費の中で給料は消費税と関係ないので、引けない。


その他のものは引けるものと引けないものがあるが、まあ殆ど引ける。外注費とは文具とか交際費とかね。


1000万円が給料以外とすると1000×0.05=50万円が引け。


 


すると250-125-50=75万円


 


これで計算すると面倒という場合は簡易課税制度があって、みなし仕入額というのを決めている。


 


メーカーの場合は70%が引ける。


当社は一応、メーカーの端くれなので70%引ける。


当社の場合は概算でやると、だいたい70%でぴったりだが原価が低い会社は益税になるだろう。


 


それで、製造業は70%引けるが、小売業は80%引ける。卸売業は90%引けるのである。一方でサービス業は50%しか引けない。


 


・・・こういう簡易課税方式でやると、僅かながら益税になるので、得した気分になるが・・・そもそも、そういうことではおまへん。


 


消費者が納める消費税を企業が預かるから、ややこしいのである。しっかり消費税を徴収するには、消費者が納税するのベストである。


 


そうしましょう。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-24 20:02 | 社長太平記

消費税は消費者に払ってもらいたい

先日の金曜日に税理士から決算書が上がって来た。


時間が無いので、午前中に承諾し・・・・株主総会を開催して、午後には電子申告した。


 


リーマン・ショック以来の損失がたっぷりと溜まってるので、法人税はゼロである。東京都に収める都民事業税の均等割りが約8万円。でも、今月末には消費税を払わねばならない。


 


金はなんとか足りそうだが、来月から資金繰りがタイトになる。


正直なところ法人税は払いたいが、消費税は消費者に払ってもらいたい。


企業が消費者から預かった消費税を払うという建前なんだが、別に消費税を集めた手数料を貰っているわけではない。


何故、企業が預かる必要があるのか?


 


消費者が商品・サービス購入に自分の消費した金額を算出して、その5%を確定申告すれば、それで良いではないか。


この方が効率的だし、変な益税を生じさせないないから税収も上がるだろう。


 


社会実情データ図録より引用


 


 


b0302344_052865.gif


 


 


 


日本の貯蓄率は2000年以降、えらく落ちてまして・・・


 


年収300万円の世帯の貯蓄が5%とすると15万円。


300-15万円=285万円×0.05=14万2500円(消費税)


これを確定申告する。


 


法人も消費(資材&商品の購入・一般管理費)×0.05で確定申告する。・・・・そうすると今の消費税より負担が大きくなるが、購入品には消費税が掛からないので購入時負担が安くなる。


実質的には同じだろう。


 


消費者が消費税を申告する消費税率アップを図った人物への全国民の怒りが頂点に達し、責任も明確になり良いだろう。


 


現状では消費者は消費税を負担しているが申告していない。


 


財務省で検討をお願いしたい。


 


消費者(含む法人)は店舗等で商品を購入する時に消費税は負担しない。そのかわり申告時に自分で消費税を計算して収める。


 


もう一度、言います。


企業は法人税なら税率が高くても払います。


それは法人に掛かる税金だからです。


消費税は消費に掛かる税なのだから消費者が申告して、納めるべきである。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-23 20:22 | 社長太平記

ダリ的なオブジェとなった唐崎松

b0302344_052570.jpg


 


b0302344_052545.jpg


 


b0302344_052540.jpg


 


 


13代藩主・前田斉泰が琵琶湖畔の唐崎松から種子を取り寄せて育てた黒松。


 


兼六園の風物詩・雪吊りされた松の映像は、この唐崎松が主人公。


 


松の枝は、常につっかえ棒が施されている。


 


b0302344_052596.jpg


 


b0302344_052549.jpg


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-19 00:14 | 国内出張・忙中閑有

兼六園の虹橋

久々に金沢へ出張した。


 


以前は何時かというと・・・2007年秋である。


 


http://yuyuu.iza.ne.jp/blog/entry/409010/


 


 


・・・・で、今回も兼六園に遊ぶ。


 


b0302344_052451.jpg


 


梅雨の晴れ間であるが、空は蒼くはない。


白い光の中で、木々の緑は実に美しい。


 


写真は琴柱灯篭と、その前の虹橋である。


虹橋が琴を表しているのは、見れば分かる。


 


b0302344_052488.jpg


 


琴柱灯篭の二本の足は、琴の糸を支える琴柱がモチーフである。


 


 


b0302344_052411.jpg


 


この橋は二枚の板を重ねたように見える。


 


軽いイメージがするので、今まで注目してなかった。


なんとなくコンクリで出来た橋のような気がしていた。


しかし、実はこの橋は一枚の厚い岩盤で出来た橋である。


 


その岩盤の中央に線を入れて、2枚重ねに見えるようにしているのである。


 


何故かと言えば重厚なイメージを避け、軽快なイメージを出したかったからである。(江戸時代の制作であるから、当然、コンクリでは無い)


 


それにしても、毎日、何人もの観光客がこの上で琴柱灯篭をバックに記念撮影をしているが、虹橋はもろ軽く見られている。それでも、壊れることも欠けることもなく、耐え続けているのである。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-18 00:39 | 国内出張・忙中閑有

消費税率上げへのアンケート 続々届く  なんとかして欲しいわ

人材の豊富な大手から・・・・暇なのが余ってる大手と言いたいが、消費税率上への対応を聞くアンケートが届いている。


 


 


「もう、我々は来年の注文、取るんだもんね。来年の4月1日以降に予定されている消費税率アップにどう対応するの?値段はいくらにするの??いつ決めるの」というアンケート。


 


7月上旬には答えるべし・・・・と書いてある。


 


知らんわ。


 


当社の場合、多くの商品が内税にての表示ですので、8%になったら外に出さないとね。


 


来春の消費税上げは今年の秋に判断するということだが、それでは遅いのではないかねえ。


 


税率アップはまだ3年早いですよ。


今、忙しいのは企画部門だけではないの。


現場は・・・まだでっせ。


 


麻生さん施行時期を伸ばすなら早く、連絡を。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-15 10:41 | 社長太平記

24時間戦えますか

今期に入ってはや3ヶ月。


忙しくてどうにもならない。


夜の2時頃寝て、5時には起きるというのが続いている。


 


3時間睡眠である。


 


完全に・・・この時代ですね。 


 


途中で日本刀を抜くシーンが入っているのが宜しい。


 






 


 この時代には、こういうCMもあった。


 






 


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-15 10:18 | 社長太平記

Maynard Ferguson のトランペット





 


 


ウォルター・“メイナード”・ファーガソン


Walter Maynard Ferguson


1928年5月4日 - 2006年8月23日


 


カナダ出身のジャズ・トランペット奏者。


非常に高い音域を正確に演奏することで知られている。


 


私は、彼のレコードを数枚、持っていた。


ファーガスンは子供の頃に聞いたコルネットの音色に魅せられて音楽を志した。


彼の高音への拘りが好きだった。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-06-11 11:36 | JAZZ