ジェダイの復讐



1983年に公開された「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」である。
現在は復讐ではなく帰還となっている。

これを見に行った記憶がない。
「帝国の逆襲」までは見た記憶があるのだが・・・やはりストーリィが分からないので飽きたのか??

エピソード5より1年後、ルーク・スカイウォーカーとレイア姫は惑星タトゥイーンに住む犯罪王、ジャバ・ザ・ハットの宮殿に潜入し、ハン・ソロを救出する。
その後、修行を終えるため惑星ダゴバに戻ったルークは、死の床にあった師ヨーダと霊体として現れたオビ=ワン・ケノービから、ダース・ベイダーの正体がかつての彼の父アナキン・スカイウォーカーであること、さらにもう一人のアナキンの子供――自身の兄弟の存在を知らされる。
一方、帝国は森の惑星エンドアの軌道上に第2デス・スターの建造を進めており、最終段階視察のためにベイダー、更に皇帝パルパティーン自らが来訪していた。
その情報を入手した同盟軍は、アクバー提督の下で全戦力をつぎ込んだ最後の反攻作戦を立案する。
デス・スター攻撃隊長に志願したランド・カルリシアンにミレニアム・ファルコン号を貸したソロは、ルーク、レイア達を加えた潜入部隊を率い、デス・スターを護るシールド発生施設の破壊のためエンドアへと向かう。

エンドアの森の中で、ソロ達は原住民イウォーク族と遭遇、彼らの協力を得ることに成功する。
ベイダーの存在を感じたルークは単身帝国軍に投降、ベイダーと対面した彼はかつてのジェダイとしての魂を取り戻す様に呼びかけるが、応じないベイダーは彼をデス・スターの皇帝のもとに連行する。
やがて同盟軍の反攻作戦が開始されるが、ソロ達潜入部隊は待ち構えていた帝国軍に捕えられ、ランドら攻撃部隊はシールドとスター・デストロイヤー艦隊の挟み撃ちに遭う。
全ては皇帝の仕掛けた罠であった。
絶望的な戦況の中、ベイダーと刃を交えながら必死にダークサイドに抵抗するルーク。
一方のソロ達も、イウォーク族の応援を得て反撃を開始する。
攻撃隊を指揮するランドは、ソロがシールドを破壊してくれることを信じ、帝国艦隊を前に決死の総力戦を挑んでいた。
そして、ついにルークとベイダーの宿命の対決に終止符が打たれることとなる。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-06-29 22:09 | 泰西映画
<< サラ・コナー 帝国の逆襲 >>