Star Wars The Phantom Menace




ジョージ・ルーカスはべトナム戦争の影響で内省的になった米国映画を
以前の古き良きアメリカの豪華絢爛娯楽映画に戻そうと思い、
スター・ウォーズの台本を抱えて映画会社と交渉していた。
イメージはフラッシュ・ゴードンの世界であったが、
映画化の権利が手に入らずに自分で台本を書いた。
こうして1977年に「スター・ウォーズ」が完成したわけだが
特撮技術は見事だがストーリィは良くわからなかった。
その後、1980年「帝国の逆襲」、1983年「ジェダイの復讐」と一応は見ているが意味不明は続いた。
それから、やや時間が過ぎて1999年に至り、この「ファントム・メナス」が公開された。
ここに至って、ようやく意味が分かりかけてきた。

1977年の以降の三部作で、主人公のルークの敵であり、
「なんだ、このオッサンは?」と言う感じで出てくるダース・ベイダーの少年時代の物語である。

辺境の星で母と共に奴隷にされていた少年であるが、特別の能力を持っていた。
母親に聞くと父親は不明で自然に身籠り生まれたという。キリストみたいな話である。
ジュダイの戦士であるクワイ=ガン・ジンが見出し、
ジュダイになるための修行を許可するように推薦するが、
ジュダイの長であるヨークは最初は賛成しない。
まだ奴隷の身である母親を思い「辛い気持ち」でいるから。
それは弱点であり、l心の弱さの原因となる。
敵は、その弱さを必ず突いてくるからである。
ベイダーになってしまう未来はすでに予言されていた。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-05-18 17:17 | 泰西映画
<< Star Wars Episo... ボロディンの夜想曲 >>