中小企業への胡麻摺り法案は不要

そういうものが無くても、やっていけるようにするのが政治だろう。


 


対立を煽るような法案は願い下げだ。


 


なにが「中小企業いじめ防止法」だ。


 


わし等にもプライドはある。


 


こんな気持ちの悪い名称の法案は、出さないでくれ。


 


それより、やることがあるだろう。


 


製造業派遣や登録型派遣の原則禁止などは「中小企業いじめ」そのもの。


中小企業は、常時、人手不足なのだから、派遣を禁止されると、大きな仕事が入った時に対処できなくなる。


最初から、大きな仕事は諦めろというのか。


 


最低賃金全国一律1000円も「中小企業いじめ」そのものである。アルバイトの時給1000円を超えているには東京周辺だけである。


 


2020 年までに温室効果ガス排出量を1990 年比25%削減は、国内の生産活動や雇用に多大な影響を及ぼす。


このような重要事項を勝手に、何の相談も無く独断専行で決めて、国連で披露してしまったが、どうするのだ?


 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2009-10-25 07:16
<< 労働法のお勉強と、眩しいアップの髪型 天皇の国事行為と「イヤサカエ」... >>