悲しみのサンバ  老いたるバーデン・パウエル

私がバーデン・パウエルを知ったのは1970年頃。

偶然、レコード屋で見つけて、聞いてみると実に良い。

何回、聞いても飽きないので、毎朝、珈琲を飲みながら聞いていた。

友人に「バーデン・パウエルって知ってるか?」

と聞くと「彼は超絶技巧のギタリストとして有名だ」と言う。

(この友人は後に小説家になった)



バーデン・パウエルは1937にリオ・デ・ジャネイロ生まれた。

父親は靴屋であるが、音楽もやっていたらしい。

息子は、父の影響で最初にバイオリンを習い、4歳の時にギターに転向する。

そして15歳になってナイトクラブ等で演奏して日銭を稼ぐ。

19歳の時、
サンバ・トリスチ(悲しみのサンバ)を作曲する。

これがヒットして一躍有名になる。



1960年にブラジルに新しい音楽の潮流としてボサ・ノバが生まれる。

バーデン・パウエルは、アントニオ・カルロス・ジョビン、ジョアン・ジルベルト等と、初期ボサ・ノバの創始者となる。



1970年以降、バーデン・パウエルは活躍の場を欧州に移す。

その後、20年間は欧州に在住して演奏活動を進めた。

映画
「男と女」のサウンドトラックの製作なども行う。



晩年、体調を崩したパウエルは、故郷のブラジルに帰る。

2000年9月26日に肺炎の為にリオデジャネイロで死去。



chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)


1970年頃のバーデン・パウエルはエネルギッシュで、私にはそのイメージしか残っていない。

しかし、彼は晩年まで演奏を続けていたのである。



YOUTUBEに以下の映像を見つけた。

まずは、若い頃のパウエルから晩年のパウエルの演奏写真を構成した動画。



">



大きなコンサート会場での「悲しみのサンバ」。若い頃の演奏



">





そして、老境に達したパウエルの「悲しみのサンバ」

19歳の時に作曲し、おそらく何千、何万回、歌っている曲を、静かに歌うパウエル。実に心に沁みます。



">





最後に「ブラジルの肖像」と言う曲です。

こうした静かな曲も数多く作曲しました。








[PR]
by yuyuu-yano | 2009-10-18 11:21 | タンゴ
<< 晩年のバーデン・パウエル 戦いの放棄が時代を閉塞させる >>