日本の逞しい復活能力

正月に商社勤めの甥にあったら「今年は大人しくしています」と言う。


「どうしたの」


「失敗しました」


「仕事でか?」


「個人で失敗というのでなく、部門全体で失敗しました」


「深刻なのか?」


「生産過剰です」


 


話を聞くと、東日本大震災で東北、関東北部の産地が壊滅したので、全国に増産の指令を出した。


 


ところが、全国の産地が新聞・テレビ報道を見過ぎたのか、国難を乗り越えろと大増産を開始。


さらに、東北の生産再開が意外と早く、支援のためにも優先的に仕入れるのが会社方針。


また、東北産は「苦難を乗り越えて工場が再稼動」と説明を付けて受注すると、飛ぶように売れて、後から「欠品のお詫び」を書くことになるとのこと。


 


そして、放射線検査をしても異常なし。一部の特殊な例だけがニュースで流れるので、影響が大きいように誤解されている。


 


その結果、生産過剰となった。


 


日本人の瞬発力は凄まじい。


逞しい立ち直り能力


とてつもない日本。


 


甥は実感を持って認識したとのこと。


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-02-23 09:41
<< デフレ政策が成長の足を引っ張っている 建設投資ようやく上向く  >>