Niño que en cueros y descalz 裸ではだしの子供





 


古いフラメンコのバラード。


「裸ではだしの子供」という曲だ。


 


 


市場の通りを裸で裸足の子供が大声で泣きながら走っていく。


その子は、迷子である。


雑踏の中で母親を見失ってしまい、大声で泣き叫びながら走っていく。


 


その姿は今の私の心のようだ。


私も愛する人を見失ってしまった。


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-02-06 21:50 | 世界の音楽
<< ミルバのウナ・セラ・ディ東京 国内テレビ受像機生産の推移 >>