超小型車に新規格








 


苅谷のトヨタ車体株式会社が1人乗りの超小型電気自動車(EV)「コムス」を発売しただよ。


 


コンセプトは「ちょっとお出かけ街までスイスイ(Chotto Odekake Machimade Suisui)」なんだって。


 


メーカー希望小売価格は66万8,000円より設定。


軽自動車と同じだギャーというとこが辛いすけどね。


経済産業省の補助金制度を利用して、1台あたり最大7万円の補助金を受けることにより、実質負担額59万8,000円から。


モーターの定格出力は法規上の0.59KWを維持しながらも、最高出力と最大トルクを高め、 登坂性能を確保するとともに 最高速度は時速60Kmを達成。


 


回生ブレーキを採用しているため、制動時には減速エネルギーの一部を電気として 回収し、エネルギーの再利用を実現。


 


バッテリーは満充電で約50Km(JC08モード相当) の走行距離を実現。バッテリーを全て床下に納めることで低重心を実現させ、 走行安定性を向上。

電気料金は満充電1回あたり約120円(23円/KWh時)と経済的。


 


家庭用100V電源につなぐだけで簡単に充電でき、約6時間で満充電が可能。


日本規格の制定が遅れているので欧州規格をクリア。

秋には日本規格もできるようですたい。


 


あ、急速充電はバッテリーを痛めるので最近は誰も言わなくなった。急速充電器を購入した人、使ってるのかねえ。


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-07-05 12:15
<< 政局 しかし、FDAは火の通った韓国... >>