地域共同体の代表としての議員

最高裁が違憲状態と判断した「1票の格差」を是正しないまま実施された12年12月の衆院選は違憲だとして、東京都の有権者が東京1区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、東京高裁は6日、小選挙区の区割りを「違憲」と判断した。その上で、実際に選挙を無効とした場合の不都合などを考慮し、「事情判決の法理」に従って選挙自体は有効とした。原告側は即日上告した。

chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)--


これは机上の空論による悪平等というやつですね。


一票の格差と言う話はどうも腑に落ちない。


地方に職が無いため大都市に人口が集まり過ぎていることが問題であり、今後は地方経済を活性化し、人口の分散を図ることが重要だというのに。


一票の格差を是正すれば人口の多い大都市の議員数が増えて、地方の議員数は減るばかりである。


地方の意見が通りにくくなるのは必定。


 


別に人口で決めなくても良かろう。


選挙区の面積で決めれば北海道は有利ですがな。


 


米国の上院は各州2議席が割り当てられることが憲法条文で明記されている。


人民を代表する下院に対して上院は州の代表に位置づけられている。したがって格差に換算すると70倍を超えるが憲法違反とはならない。


 


下院議席は各州に人口に比例して割り当てられることが憲法に規定されている。


10年ごとの国勢調査に基づき、州ごとにヒル方式で議席を配分したうえ、州ごとの定めに従って州内で均等に区割りをする。


 


最高裁は国民の背番号をつけて1番から20万番の人は一人議員を選びなさい、20万1番から40万番の人は一議員ね・・・というような制度なら満足するのだろうか。


顔も知らない不特定多数の集団が議員を選んで何の意味があるのか?


それぞれの地域共同体の代表でなければ、議員の意味は無いのである。それぞれの共同体は平等であるべきで、東京都と高知県とは差別してはならない。


この視点からは東京都と高知県の議員数は同数であるべきだ。


 


これで良いのだ。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-03-06 22:52 | 祖国
<< 新聞では無かったことにされた「... 007 James Bond ... >>