ジャン・デルヴィル (Jean Delville)

ジャン・デルヴィルも奇妙な画家である。


日本の明治元年に生まれ、1953年に没した、この画家は、クノップスと共に、ベルギー象徴派を代表する。


しかし、神秘主義の「薔薇十字展」に出品するなど、クノップスよりも、徹底して妙である。


 


そして、この奇妙さは現在のサブカルチャーに通じるところがある。


 


b0302344_205146.jpg


 


b0302344_2051441.jpg


 


b0302344_2051434.jpg


 


b0302344_2051488.jpg


 


b0302344_2051492.jpg


 


b0302344_2051439.jpg


 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2009-09-12 21:49 | 絵画
<< こころよ こころよ しづまれ ... 死都ブルュージュ >>