フェルナン・クノップフ

ベルギー象徴主義を代表する画家。


1858年~1921年


 


フランスでは象徴主義のギュスターヴ・モローの影響を受ける。


定期的にイギリスへ赴きラファエル前派の画家たちと交友を重ねる。


さらにグスタフ・クリムトなどウィーン分離派とも関係を深める。


 


b0302344_2051388.jpg


 


代表作の「愛撫」。確かにクリムトを思わせる。


 


b0302344_2051396.jpg


 


b0302344_2051394.jpg


 


b0302344_205136.jpg


 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2009-09-12 03:18 | 絵画
<< 死都ブルュージュ William DEGOUVE... >>