自爆テロの実態

元外務省ノンキャリで、ラスプーチント呼ばれた男・佐藤優氏が、

自爆テロについて書いている。

chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)----

なぜパレスチナの若者は命を捨ててまでテロ行動に走るのか。

イスラエルには頻発する自爆テロリストの内在的論理を研究する

「反テロリズム国際政策研究所」というシンクタンクがある。

同研究所の調査結果によれば、自爆テロはビジネスとして成り立つのである。


自爆テロは狂信者や精神に変調を来した人物が行う現象ではなく、政治目的によって緻密(ちみつ)に人材養成がなされている。

 


テロ組織にとって自爆テロは成功の確率が高いことと、テロリストが死亡してしまうので退路を確保する必要もなく、また犯人が捕まることもないので、情報漏洩(ろうえい)も防ぐことができるので魅力的だ。


パレスチナでは産業が十分育っていないので、高校を卒業してもなかなか就職できない。

ハマスはここに目を付けて、中高校生でまじめな生徒を学習塾に誘い、一般の勉学とともにイスラム原理主義教育を行う。

その中で、口が堅く、まじめそうな人材を発掘し、「シャヒード(殉教者)」になるための特殊教育を行う。

イスラム教は自殺を禁じている。

しかし、信仰のために戦って死ぬことは、それが無謀な戦いであっても、自殺ではなく「殉教」だ。


ハマスの学校では「殉教者」になれば「天国で永遠の命を授かる」

「アッラー(神)の顔を拝むことができる」

「七十二人の若くて優しい処女とセックスすることができる。

この処女はセックスをしたあとも再び処女に戻るので、永遠に処女とのセックスを楽しむことができる」

「七十人の親戚(しんせき)に天国に入る資格を与えることができる」と洗脳教育を行う。


自爆テロリストとなるのは十七-二十七歳の貧困家庭出身の独身男性が大多数だ。

ただし、高校までの教育は終えている。

洗脳教育は段階的に行われ、最後の仕上げは墓場で死体とともに寝て、死に対する恐怖を取り除く。

そして最後に喜んで「殉教」の旅に旅立つとの決意を表明する姿をビデオに撮影する。

そしてTNT爆弾を三-十五キロ身体に巻き付けた「動く爆弾」ができあがるのだ。

自爆テロ決行後には、「殉教者」の家に親戚や近所の人々が集まり「立派な息子さんをもってうらやましい」と褒めたたえる。

さらにハマスに連なる福祉団体が自爆テロリストの両親に終身年金を支払う。


イスラム福祉団体の財源は主にサウジアラビアからのオイルマネーであるが、最近の原油高を背景に資金は潤沢だ。

家族にとっては「殉教者」のおかげで社会的地位も経済状況も改善するのである。

このように自爆テロはビジネスとしても十分成り立つのだ。


イスラエルの専門家は、自爆テロを対症療法で防ぐことは不可能と考えている。

対策としては、いかに自爆テロが繰り返され、殺戮(さつりく)が続こうとも、テロリストの要求をのまず、自爆テロが政治戦術として有効でないようにすることと、パレスチナに産業を興し、自爆テロビジネスに頼らなくても低所得者層が生活できる環境を整備することだ。

産業振興で日本にできる貢献もあるはずだ


[PR]
# by yuyuu-yano | 2006-02-27 18:39

米国牛肉輸出再開に思う

ようやく2年ぶりに米国の牛肉が輸入再開されるようになった。

この間、何回、米国に出張したことだろう。

取引先とランチをはさんでミーティングとなれば、一緒に昼食を食べにいく。食事をしながら雑談すると、お互いにさらに親密になるのは、どこの国でも同じなのだ。


 

その時に「米国の肉は危険なので食べられません」と米国人に告げて、拒否する日本人は居るのか?



普通に米国人が毎日、食べている肉である。

彼の奥さんも子供も、祖父も祖母も毎日食べている肉である。それぐらい今回の日本の輸入禁止措置は偏屈だと思う。



米国を旅行して牛肉を食べないのはほとんど不可能だ。

この2年間に米国の旅行した人、ビジネスで出かけた人。

米国にホームステイ研修に出かけた子供達も、全て米国の牛肉を食べているはずである。



さらに、米国だけではない、米国の牛肉を輸入している国に旅行した人も同様である。



米国の牛肉の輸入が再開されても食べませんという人は、有名な評論家の中にも居るが、どうぞ一生、日本から出ないで下さい。

米国のBSE発生件数は2件であり、そのうちの1件は輸入によるものである。

これに対して、日本のBSE発生件数は2005年だけでも7件ある。



もう、かなり前から工業製品の国際基準統一は進められている。

少なくとも日米欧の規格は統一しておかないと、これだけ国境を越えて物も技術も動く時代に対応できない。

牛肉の問題は、日本だけが突出して厳しくしたので貿易障害になった。



日本が全てに厳しいなら、まだ説得力があるが、日本は欧米に比べて規制が甘いのが多い。

現在問題になっているアスベストは、欧米では、とっくの昔に使用禁止になっている。

日本の自動車にもアスベストは多く使用されていたが、

欧州の規制に合わせて1980年代に使用を止めた。

日本国内では禁止ではなかった。そのため日本自動車工業会は業界自主規制で対応した。

アスベストを使わないとなると部品材料原価が上がる。

当然、部品メーカーは採算が苦しくなる。

それでも、自主的に取りやめた。



この他、塗料、建築資材に使用されているVOCの規制など、日本は欧米より大甘なのである。

これも欧州では10年前に規制されているのに、日本は昨年からようやく議論が始まった段階だ。

さらに、薬品関係も甘い。



こんなに甘い日本が、牛肉だけは何故?

と疑問に思うのが、普通の感覚だと思うのだが。  


 





[PR]
# by yuyuu-yano | 2005-12-12 02:14

米デルファイ、破産法を申請 自動車部品最大手

経営難に陥っていた米自動車部品最大手デルファイは10月8日、ニューヨークの連邦破産裁判所に、日本の民事再生法にあたる米連邦破産法一一条の適用を申請した。




デルファイは1999年に米自動車最大手のゼネラル・モーターズ(GM)の部品部門が分社化して設立された。

GMやフォード・モーターの業績悪化で、両社が部品単価を引き下げたり、発注量を減らしたことから、2004年に47億ドル(約5300億円)の最終赤字を出していた。




今回の破産法申請は、トヨタ自動車に代表される日本車メーカーが米市場で業績を順調に伸ばす中、販売不振に陥った米自動車メーカーの窮状を受けた初の大型破綻となり、米国内で日本車メーカーに対する摩擦が高まる恐れもありそうだ。(産経)

chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)-


噂は流れていたが、ついにやってしまったようだ。

同じ記事の共同通信版は意味不明だったが、産経は特派員報道で、かなり勉強されているようだ。


でも、なぜ分社したのか書いてないですね。

GMにとって最大のお荷物だったからですよ。

GMは自社の部品工場で作った部品を使いたくなかった。

親方日の丸が駄目なように、親方GMだったから。

品質、コストはそれなりなんだけど、傑出はしてなかった。

そこで、他の部品メーカー(日系)から部品を購入しないと、日本や欧州のメーカーに勝てないから。


要は、分社した時点で親から捨てられた部品メーカーだったのです。




それでも、他の優秀な企業と合併させて競争力の強化を図って来た。GMは軍需産業もやってますから、優秀なハイテク技術はあるのです。

それでも、やはり巨人過ぎた。

大きな会社は弱いんです。


 


実はM&Aで大きくなった他の部品メーカーも破産しました。例えばフェデラル・モーグルです。

でも、今も元気で営業してます。

「破産しそうだよ」

「そうか」

「今後もよろしくね」の世界なんですよ。

迷惑を掛けられた企業は怒ってますけど、民事再生法=企業の徳政令なんだから。


だから、最後の行は全くの不要です。




>米国内で日本車メーカーに対する摩擦が高まる恐れもありそうだ。


 


ほんとに何故に、こうしたお馬鹿な感想を付けるのかねえ。


フェデラル・モーグルが破産したのは、膨大なアスベスト補償から逃れるためですよ。


そして、フェデラル・モーグルの代表がデルファイに移籍したので「今度はデルファイをやる気かねえ?」と疑われていたのです。だから噂は濃厚だった。


そして、日本の部品メーカーも被害を被っている。


フェデラル・モーグルの徳政令で大損し、さらにデルファイに収めた部品の売掛金も当分は回収出来ないでしょう。


[PR]
# by yuyuu-yano | 2005-10-09 00:15

日本道路公団へ

午前中は、新霞ヶ関ビルの日本道路公団を訪問。

来年の10月に民営化するらしい。

作家の猪瀬さんが頑張ったり、

藤井総裁が恫喝したりは、

「兵どもが夢の後」である。

私は道路公団民営化の話はあまり勉強していないので、

勝手な事はいえないが、

東京オリンピックの時に、

予算がないので緊急避難的に始めた公団方式を

全国に広げたのが間違いでしょう。

道路はインフラだから国家予算で作るべきを、

利用者負担にしたのは、

物流がなんたるかを知らない愚かな措置。

今更言っても始まらないが、

諸外国は国家予算で道路作り、

通行料など取らないのが普通。

たまに「橋」とか「短い区間道路」など例外があるが、

通行料は極めて安い。

日本では重量税だ、揮発油税だと取られる上に、

これらの税金は高速道路には使えず、

別にしっかり通行料を取られる。

「クルマを持っている奴は罪人なり」の国なのだ。

こんな日本に似ているのは中国。

あの国の高速道路料金も高い。

妙な所が似ているなり。


午後は会社で、昨日の続きで、

講演会用の資料をパワーポイントで作成。

50ページを超える資料となる。

これで2時間話すことになる。

残業して夜の10時に完成。

五反田の広東酒家で、海老ワンタン麺を食べて帰る。

自宅に帰り疲れた頭を休ませるため、

友人に借りたラムゼー・ルイストリオの

「THE IN CRODE」を聞く。

なかなかいいムード。


[PR]
# by yuyuu-yano | 2004-11-14 16:28