フェルディナント・ホドラーの世界

「わかり過ぎて怖いぐらいね・・・」
会場に入るやいなや彼女が呟いた。

確かに会場内にはピリピリした空気が感じられる。
それは画家の研ぎ澄まされた感性から発しているように思われた。
スイスの画家、フェルディナント・ホドラーの展覧会が国立西洋美術館で開催されたのは、1975年の6月7日から7月20日である。
それ以降、ホドラーの展覧会は日本では開催されていない。
ムンクと共に、表現主義の先駆者と目されながら、ホドラーの名は、あまり知られていないように思う。

私の連れの彼女は、病み上がりであった。
彼女は神経科の病院に数年間入院し、退院後のリハビリ中であった。
病院ではハイデッガーやサルトル、ニーチェ等の哲学書を読みあさっていたらしく、
また、多くの患者と様態を見、彼らと様々な議論をして来たため、まだ20歳になったばかりなのに、老成した印象を与えた。

そして、私が一番、驚いたのは、その健康さであった。
人は衰弱して病気になるが、また、健康すぎても病気になる。
肉体的な健康はもちろん、私は彼女の、しなやかな知性、明晰な分析力に舌を巻いていた。
しかし、その明晰さゆえに現実の世界の中では生きにくいこともある。

この世界は、ゆるやかな衰弱と、いくらかの蒙昧を持っていた方が生き易いのである。

フェルディナント・ホドラーの世界は極めて明晰である。
それは、スイスの高地の空気のような透明感を持っている。

b0302344_126590.jpg




「夢」1978年



b0302344_126544.jpg




「秋の夕べ」1897年



b0302344_126519.jpg




「生に疲れし人々」1892年



b0302344_126587.jpg




「昼」1904年





b0302344_126541.jpg






ホドラーは1853年にスイスの首都ベルンで、非常に貧しい職人の家の、6人兄弟の長男として生まれる。

彼の兄弟は幼少の内に結核で全員が死去。

さらに父が死に、母が死に、14歳で彼は天涯孤独となる。



最初は看板職人や観光客相手に絵を売る路上の画家を経験。

小銭をためて、ジュネーブまで歩いて行った。

ジュネーブの美術館で、展示された絵画の模写をしていた時に、美術学校の校長に見出され、彼の学校に入り基礎を学んだ。

その後スペインに渡り、マドリードのプラド美術館に通い巨匠達の絵を見て学ぶ。



その後、ジュネーブに戻るが、貧しい生活が続く。

しかし、50歳を過ぎた頃、その特異な作風は注目されるのである。



ホドラーは50歳までは名も無い貧しい画家であり、その人生の殆どをスイスで過ごし、他の画家達や様々な画壇の運動とは没交渉であった。






b0302344_126633.jpg




ジュネーブ湖





ホドラーの絵は、一部の特徴的な人物画を除くと、その殆どが風景画であり、さらに、スイスの湖を描いたものが圧倒的に多い。



しかし、ホドラーの「湖の絵」の色彩は、印刷物での表現は不可能である。

例えば上の絵の、明るい空と雲を映す湖面は、極めて平面的に広がってみえる。

しかし、この絵の本物を目の前にすると、明るい湖面の下に存在する圧倒的な水の量と、その深さが描かれているのである。



その下に深く冷たい水があるから、水の表は明るく穏やかなのである。

冷徹に死を見つめる目があるからこそ、生の喜びも描けるのである。



あの日に購入したホドラー展のカタログに、何枚かの湖の絵がカラーで収められているが、実物を見た印象とは全く異なっていた。


[PR]
# by yuyuu-yano | 2014-12-14 14:48 | 絵画

ゴールドフィンガーとハロルド坂田



ハロルド坂田は、ハワイ生まれの日系の米国人。
ロンドン五輪の重量挙の銀メダリスト。
プロレスラーに転じて、グレート東郷の弟、トシ東郷を名乗る。
反則技で観客の非難と憎悪を煽る日系悪役レスラーである。
彼は力道山をスカウトして、プロレスの世界に引き込んだ男としても有名。
力道山との出会いは酒場でインネン付けられ喧嘩して、お互いの強さを認め合ったから。
007シリーズの第3作であるゴールド・フィンガーに出演。
ジェームズ・ボンドと抗争する。
「彼には挨拶程度かも知れないが、かなり痛いとコネリーは泣いていた」と、その戦闘シーンの思い出を監督は語る。
[PR]
# by yuyuu-yano | 2014-11-25 17:11 | 007は殺しの番号

007 Goldfingerのオープニングと金粉殺人事件



ゴールドフィンガーは007シリーズの第3作。
1964年世界興行成績で第1位。
1965年に日本上映。
話題が一杯であるが、全身に金粉を塗られて殺される美女は、当時は驚異のアイディア。
皮膚呼吸が出来なくて窒息死・・・ホントかよ?と思ったものだ。

ボンドガールのプッシー・ガロアにも惚れた。
プッシー役を演じたオナー・ブラックマンは撮影当時37歳とのこと。
昔から、この年齢の女性が好みだったのだが、彼女の影響かも・・・・・。


[PR]
# by yuyuu-yano | 2014-11-23 22:24 | 007は殺しの番号

From Russia With Love



1964年に公開された007シリーズの第2作。
日本でのタイトルは「007危機一発」
「ロシアより愛を込めて」ではなかったのだ。
ゴジラなど東宝特撮映画と同時上演で、無理やり見させられた「海の若大将」シリーズ(加山雄三主演)より、1000倍以上は007はカッコよかった。
もち青大将(田中邦衛)よりも。
この第2作は、個人的には007シリーズで一番好きな作品。
舞台のイスタンブールとバルカン特急が良い。
そして、ロシアのスパイ役のダニエラ・ビアンキ。彼女はイタリア人なのだ。
そして、私が好きなのは英国海外情報局のトルコ支局長ケリム。
明かるくタフな感じの役だが、どこか寂しそうな感じが印象的だったのだが、なんと、この役を演じていた時は末期癌であり、撮影終了後に病院で拳銃自殺を図ったという。



[PR]
# by yuyuu-yano | 2014-11-21 21:37 | 007は殺しの番号

サブリナ



日本名では「麗しのサブリナ」である。
原題は単なる「サブリナ」である。

「ローマの休日」で実質的にデビューしたオードリィ・ペプバーンの、その次の作品である。
監督はビリー・ワイルダー、共演はハンフリー・ボガードとウイリアム・ホールデンである。

ストーリィは典型的なシンデレラ物語である。
マイ・フィア・レディとも同じ。

主人公サブリナは、富豪の実業家ララビー家の運転手の娘である。
サブリナは、ララビー家の弟・デイビッドに秘かに恋をするが、弟は別の女性に夢中である。
傷心のサブリナはパリで2年間を過ごし、別人のように美しくなって帰国する。
実は同じ料理学校に学びに来ていた70歳の男爵と仲良くなり、上流階級の仕草・作法を学んだのである。
こうしてサブリナが美しくなって帰ると大騒動が始まる。


[PR]
# by yuyuu-yano | 2014-11-09 21:57 | 泰西映画

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス
Jhon William Waterhouse ( 1849-1917 )
ローマ生まれのラファエロ前派の画家。
父親は英国生まれの画家で、ローマによく滞在していた。
父親のアトリエで絵を勉強して、1870年にアカデミー美術学校に入学した。
アルマ・タデマの影響もあって、古代史に題材を取った絵が多い。

b0302344_052352.jpg


 


シャルロット姫。毎日、タペストリばかり編でいた。



b0302344_052398.jpg


 


シャルロット姫。彼の声を聞いて船で出かける。

b0302344_052455.jpg


The Soul of the Rose, 1908



b0302344_052477.jpg
Windflower 1903
[PR]
# by yuyuu-yano | 2014-11-07 06:04 | 絵画

西海橋落ちる

b0302344_2151943.jpg
佐世保じゃけんのう。


b0302344_2151945.jpg




今の駅前とはかなり、ちゃいまんのや。





b0302344_2151955.jpg



空が気になる・・・。





b0302344_2151951.jpg






わてらも気になる。


 


b0302344_215191.jpg


 


ラドンが飛んでいる。


 


b0302344_2151947.jpg


 


えらいこっちゃ。


 


b0302344_2151949.jpg


 


東洋一の西海橋には多くの観光客が・・・。


 


b0302344_2151991.jpg


 


被弾したラドンが海に落ちる。


 


b0302344_2151951.jpg


 


再び飛び立つ時に、橋が壊される。


西海橋は、この映画の公開時に完成したばかり。


[PR]
# by yuyuu-yano | 2014-11-03 21:33 | ゴジラ