カテゴリ:伝統・感謝・祈り( 80 )

「社会保障制度改革国民会議の報告書」によせて

首相官邸のホームページに行ったら、まだ(案)しか掲載されてない。


データ部分の無い文章だけで、これでは分からん。


早く、載せてたもれ。社会福祉関連のデータ、どうも怪しいと思ってるので確認するのが楽しみである。


 


以下は(案)の文章。


chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)--


「世代間の損得論」と高齢者向け給付の持つ「現役世代のメリット」

 


年金制度や高齢者医療制度、介護保険制度を念頭に、「世代間の不公平」を指摘する意見がある。すなわち、「親の世代は、少ない負担で多額の給付がもらえたが、若い世代は負担に比べてもらえる給付が少ない」という世代間の損得論の主張である。

しかし、年金制度や高齢者医療制度、介護保険制度は、子どもが老親を扶養するという私的扶養を社会化したものであることに十分留意が必要である。


例えば、年金制度が十分に成熟する以前の世代は、親の私的扶養もしながら、自らの保険料を納めてきたのであり、公的年金の給付と負担だけをみて損得論を議論するのは不適切である。


また、介護保険制度の創設により、家計における税・保険料の負担は増加したが、一方で介護サービスが大幅に増加し、その結

果、主に女性が担っていた家族内での介護負担は軽減している。

このように年金制度を始めとする社会保障は、単に高齢世代のメリットとなっているだけではなく、高齢世代の生活保障を社会的な仕組みとして行うことによって、その子や孫の負うべき負担を軽減し、現役世代のメリットにもなっていることを考慮する必要がある。

なお、公的年金制度が遺族年金や障害年金など若い世代にも起こり得る所得喪失のリスクに対応していること、事後的な社会経済変動にも対応できる仕組みであること、寿命の不確実性をカバーする終身保障であることなど、様々なリスクヘッジ機能を有していることも忘れてはならない。

このようなことに留意しつつ、他方、世代間の不公平論が広まる土壌があることにも目配りが必要である。


負担の先送りの解消はもとより、教育現場等を含め、社会保障の意義や若い人々にとってのメリットを正しく理解してもらえるよう努力することや、若い人々の納得感が得られる全世代型の社会保障への転換を目に見える形で推進することが重要である。


なお、個々の制度の問題ではなく、こうした世代間の不公平論が広まる土壌として、若年層の雇用環境が極めて厳しい現状にあることにも留意が必要である。

また、高齢世代にも、社会保障が世代間の連帯・助け合いの制度であることを理解してもらい、社会保障を持続可能なものとしていく努力を求める必要がある。


chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)--

以上の部分はその通りである。


「何でも呉れ呉れ、税金で払え払え」の民主党が三党合意から離脱する訳である。


 


兄弟・姉妹、子供達など親族が一緒に暮らすか、近所に暮らしている老人は「東京物語」のような寂しさはあるものの、まだ良い。


 


離婚とか、未婚とか、一家離散とか、見捨てられたとかで天涯孤独の一人暮らしの老人は、けっきょくは近くの他人が気にかけるしかない。町会とか民生委員などで対応しているのが現状である。


 


訪問したり、路上で雑談したりして、私の聞いた感じだと、


老人でも年金・介護保険料は払っているので、住居費を除いた1ケ月の生活費はだいたい東京都内で5万円程度である。1日1666円。これだけあれば毎朝、モスバーガーの朝食(300円程度)を食べに来れる。


障害があると障害者手当てが都から1万5000円程度追加されるので、さらに余裕が出る。


65000円だと1日2166円である。これだけあると趣味も楽しめるし、居酒屋にもたまに行ける。先日、私も訪問先の障害者に居酒屋で奢ってもらった。


「いいですから」


「うんにゃ、ワシが出す」


の押し問答の末、「年寄りの言う事は聞くもんだ」と言われてご馳走になった。


障害者の人は他に何人か訪問しているが、健常者より明るく、ニコニコしている。これは1万5000円の差であろうか??


これらの老人達は自宅(マンション含む)を持っているので生活保護は貰えない。


自宅が無い場合は生活保護の対象となるが、その生活は・・・家持の老人達より遙かに良い。


先日、町内の食堂で老人達の雑談の中で・・・


「あの方、良い暮らししているわねえ」


「余程、若い頃、貯金したんだろうね」


「私ら年金だけですものねえ」


・・・・てな話が聞こえて来た。


その「あの方」は生活保護世帯なのだが、それを言うことは禁じられている(民生委員の秘密保持事項でトップシークレット・・・・真面目に守ってます厚生労働省の皆様)ので、聞き流していたのだが、これが現実である。


しかし、生活保護老人と月5万円老人との差は、財産があるか無いかだけである。


現実を踏まえた社会福祉の設計をお願いする。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-08-06 11:21 | 伝統・感謝・祈り

「さっさと死ねるように」 は重要な課題麻生さんの言う通りだ

麻生太郎副総理兼財務相は21日開かれた政府の社会保障制度改革国民会議で、余命わずかな高齢者など終末期の高額医療費に関連し、「死にたいと思っても生きられる。


政府の金で(高額医療を)やっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらうなど、いろいろと考えないと解決しない」と持論を展開した。


 


また、「月に一千数百万円かかるという現実を厚生労働省は一番よく知っている」とも述べ、財政負担が重い現実を指摘した。


chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)---


 


延命治療とは生命予後不良で根治が見込めない患者に対し、人工呼吸や輸血、輸液などによって延命を図ることを目的とする。


かつては広く行われてきていたが、尊厳死や医療費削減などの問題から見直される傾向にある。


 


延命治療を行った場合、患者はその間余計に苦しむ場合がある。


また、患者本人に意識がない状態でもただ延命されている状況を見て家族や友人などが苦痛を感じることもある。当然ながら延命治療であっても医療費は必要であるため、延命すればするほど医療費がかさんでくるという問題もある。


 


延命治療に当たるものとしては以下のものが挙げられる。


人口呼吸:脳死などの昏睡状態で何らかの処置をしなければ呼吸が停止する状態や、肺機能の低下により血液の酸素化が十分に行えない状態などで行われる。




人工栄養:経鼻胃管を挿入して栄養する場合と、中心静脈カテーテルを挿入して血液中に直接栄養する場合がある。昏睡状態や食道の狭窄が起きている場合に行われる。




人工透析:腎機能の低下もしくは廃絶によって無処置では尿毒症を起こす状態(腎不全)で行われる。

 


患者本人が延命を希望しなかった場合、それを文書として示すことで医療機関に対し延命治療の中止を要求することができる。


この文書はリビング・ウィルと呼ばれ、尊厳死の問題とあわせて論じられることも多い。


 


・・・・・・このようにWIKIでは解説しているが、現実にはこれが難しいと看護婦をやっている姪が言っていた。


 


延命治療をして良いのかを本人に聞こうと思っても、救急車で運びこまれる意識の無い老人、意識朦朧の老人に聞きようがない。意識のある状態で入院した患者の場合のみ本人に聞けるだけである。


 


であるから元気なうちに複数の人に「自分は延命治療を望まない」と言っておいて欲しい・・・とのこと。


遺言状があれば・・・というが、遺言状が開封されるのは死後弁護士立会いであり、これも駄目。


 


遺言状以外の紙に書いておいても、誰もその所在地を知らない。


意識の無い状態で「箪笥の引き出しに入れた紙を見てたもれ」とは言えない。


だから現状では家族の複数に言っておくしか方法は無い。


「奥さんと娘さんに言って置くんだよ叔父さん」といわれた。


 


でも・・・言っておいても、それが実行されるとは限らない。


救急車で運ばれて、そのまま生命維持装置を装着されると、それを「外してくれ」とはなかなか言えない。


救急車を呼ぶということは「何が何でも助けてくれ」との家族の意思表示だから、医者はやばいと思えば生命維持装置を装着する。


この段階で外して呉れとは「殺してくれ」と言うことなので、家族はなかなか言えないで、そのまま地獄に落ちるのである。


 


延命治療を始めると、なかなか死ねない。


鼻からチューブで栄養を取り、やがて腹部に管を入れてダイレクトに栄養を流し込むと、太ってくる。肌の艶も良くなる。意識が無くて寝た切りなのに、体は元気になる。


男性の場合、勃起までするようになる。


でも意識が戻る可能性はゼロではないが、限りなく低い。


 


この延命治療に大変な費用が掛かるのは、麻生さんの言うとおりである。


これが社会保障費を膨らましているのは事実であり、厚生労働省には、その数字があるはずだ。


このような延命治療をやっているのは日本だけである。


 


さて、本人に意識があり延命治療を拒否するとどうなるか?


「病院はホテルじゃない」と言って追い出しにかかる。


追い出す技術は場数を踏んでいるので、極めて上手らしい。


延命治療は儲かるが、意識があって寝た切りなら儲からないので自宅に帰れである。これが現実。


「さっさと死ねるように」 するのは病状が急変しても救急車を呼ばないよう頼んでおくことだ。


 


 


b0302344_105712.jpg


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-01-21 19:49 | 伝統・感謝・祈り

舞阪の太鼓祭り

b0302344_226118.jpg


 


舞阪は東海道五十三次の三十番目の宿である。


浜名湖はかつては淡水湖であったが、1498年の大地震と大津波により、浜名湖と太平洋の境の部分が切れてしまった。


「地震で今、切れたずら」というので、そこは今切口と呼ばれる。


浜名湖は太平洋と繋がり、塩水と真水が混ざった汽水湖となった。


 


江戸時代、東海道は、舞阪で船に乗り換えて、対岸の新居宿まで渡る。新居宿は「入り鉄砲と出女」を厳しく取り締まったので有名。


「江戸に鉄砲を持ち込ませない」「人質となっている大名の奥方や娘を逃さない」


これを厳しく取り締まるため、舞阪と新居は天領であった。


 


舞阪は江戸時代には宿場町として栄え、その後も漁業の町として発展した。


 


舞阪の祭りは大太鼓を打ち鳴らす太鼓祭りである。


 


 






 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-10-09 19:06 | 伝統・感謝・祈り

光の船

b0302344_2261075.jpg


 


b0302344_2261023.jpg


 


b0302344_2261015.jpg


 


b0302344_2261071.jpg


 


b0302344_2261041.jpg


 


b0302344_2261186.jpg


 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-10-08 23:02 | 伝統・感謝・祈り

雄踏町・息神社の祭礼





 


連休は浜名湖畔の雄踏町の祭礼のため、母の介護に出かけた。


祭礼を見に行ったのではない。


妹が自治会の役員をやっているため、早朝から夜遅くまで祭礼の世話役で忙しい。


母親の面倒は見れないので、来てくれと言うことだ。


そこで、笛と太鼓の音は聞いたものの、祭礼は見れなかった。


 


雄踏町は今は浜松市と合併したが、昔は浜名郡雄踏町であった。


東海道の北側を走る雄踏街道に沿った農業の村である。


この町の中心が息神社で、イキ神社ではなく、オキ神社と読む。 


 






 


日中は各町内を各町内の屋台(舘車)が引き回される。


これが、夜になると息神社に集合する。


この屋台(舘車)が、この祭りの原型であり、青年団を中心に運営されていた。


 


子供はというと稚児行列というのがあり、天狗の格好をした子供達が、村を練り歩く。


 


何故に天狗の装束なのか?1本歯の下駄を履いて歩くので、バランス感覚がないと転ぶずら。


 


太鼓については、青年団を卒業した「中年のオッサン」が中老組と称して、隣の舞阪町から太鼓を借りて乱入したのが始まり。


舞阪町は漁業の町であり、太鼓祭りが有名。 


 


中老組は町内別に結成され資金を集めて巨大な大太鼓を購入し、今では一番元気が良い。


 






 


西隣の舞阪町には舞阪の祭りがあり、東隣の浜松市志都呂町には、志都呂の祭りがあり、 それぞれ微妙に異なるのが面白い。 


 






 


これが運行予定表

日本人は几帳面ですね。これが国力の源泉でもある。


 


 http://homepage3.nifty.com/EH/oki_festival.htm


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-10-08 20:36 | 伝統・感謝・祈り

仏陀はどちらを向いているのか?

b0302344_1661072.jpg


 


 この写真は以前、東京で開催された薬師寺展での日光・月光菩薩の像である。

いつもは正面からしか見えない日光・月光菩薩の側面や背面を見ることができ、その美しさは感動的であった。



しかし、本来的に菩薩像の位置は、このように我々より少し前に在り、我々と同じ方向を向いているものなのである。なぜなら、菩薩は修行の先輩であるからだ。

菩薩だけではなく仏陀=釈迦も修行の大先輩であるから、本来的には、この位置である。

日本における仏教諸派の開祖も、当然、この位置なのである。重要な願い事がある時は、前を歩む開祖の像から数珠をお借りして祈る。仏像に対して祈るのではない。それは偶像崇拝になるから危険なのである。



それでは何に対して祈るのか?


それは最初は空であり、やがて入口が開き、鑑が現れる。その鑑に何が映るの?


それは修行を積めば明らかになるものなのだ。 


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-08-12 03:07 | 伝統・感謝・祈り

野田の祟りじゃなかろうか


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-06-06 17:05 | 伝統・感謝・祈り

総合こども園ねえ

我が家は長女が幼稚園、


次女が保育所


 


どちらも私が、毎朝、子供を送って行ったので、この2つの違いは理解しているが、全く別のものです。


 


これを、合体させようとはねえ。


机上の空論ですな。


 


自民党の「認定こども園」は、幼稚園も保育所も残した上での新制度だが、民主党のは、幼稚園も保育所も廃止して、総合こども園にするらしい。


 


そもそも「認定こども園」は失敗でしょう。


数もまだ全国で3桁の状態。


 


幼稚園と保育所を合体したら、幼稚園の方はフレーベルが墓場で怒りますな。


フレーベル全集を読んだ人は民主党におらんのか?


フレーベルに失礼とは思わんのか?



幼児教育という長年、続けられた学問も、


岡田フランケンにより死滅させられるとは。


 


b0302344_195201.jpg


 


保育所の方は、さらに反対が多いようですな。


これは自治体に設置が義務付けられた機関なのだが、


その縛りを無くして民間に解放するらしい。


 


公的機関から、誰でも参入可能な商売にする話。


こうなると、貸切バス業界と同じで、参入は増えるが、


陸援隊総合こども園もできる。


船中八策総合こども園もできるだろう。


 


NPOも参加OKなので、


イイダ環境総合こども園


ピースボート総合こども園


もありでしょう。


 


怖くて、もう子供は預けられませんね。


 


以下のダイヤモンドの記事は、規制緩和派の連中のペーパーにより書かれたペイドパブの例、


 


http://diamond.jp/articles/-/6229


 


 


この手の記事で煽り、貸切バス業界も規制緩和されたのです。


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-05-28 22:15 | 伝統・感謝・祈り

町内会の班長

厄年だけあって役が回ってくる。


4月から町内会の班長である。


 


今日、町会長と話したが、わが町会は400世帯。


そのうち80%以上がマンションの住人で20%が一般住宅。


 


マンションも自治会が組織化されているところは町会にも加入しているが、自治会も無く管理人も居ない場合は、地域とは没交渉である。


 


孤独死などが発生するのは、こうしたパターンである。


 


班長の職務は、地震などの災害時に自宅周辺の被害状況を調査し、町会長に報告する。


町会長はその情報を行政側に伝える手筈になっている。


 


沈着な行動が必要とのことだが、


地震よ来るな・・・と言いたい。


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-04-05 20:55 | 伝統・感謝・祈り

厄払いに行って来ました

去年は旧正月明けに厄払いをした。

今年は多忙ゆえに今日になった。


 


今年は後厄である。


確かに「役」が沢山来た。


身を清めて、心を清めて役割に取り組まねばならない。


 


参考:平成24年厄年早見表


 


男の厄年


前厄

昭和28年生 60才

昭和47年生 41才

昭和64年生 24才

平成元年生 24才


 


本厄

昭和27年生 61才

昭和46年生 42才

昭和63年生 25才


 


後厄

昭和26年生 62才

昭和45年生 43才

昭和62年生 26才




女の厄年


 


前厄

昭和52年生 36才

昭和56年生 32才

平成7年生 18才


 


本厄

昭和51年生 37才

昭和55年生 33才

平成6年生 19才


 


後厄

昭和50年生 38才

昭和54年生 34才

平成5年生 20才


 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2012-03-31 17:40 | 伝統・感謝・祈り