カテゴリ:祖国( 252 )

三方良しが瑞穂の国の資本主義

近江商人の商売に対する家訓である「三方良し」の精神。
これは別に近江商人だけでなく、日本のビジネスマンの基本精神であったと思う。

商売は、売り手良し、買い手良し、世間良し・・・・この3方が良くないと長続きしないものだという戒めである。

売り手・・・・メーカー、問屋、小売店だけが良くても駄目。
買い手・・・・消費者だけが良くても駄目

ここまでは、真面目な商売人なら考える。

しかし、世間良しまでは考えない。

売り手と買い手が良くても環境を汚すなど「世間が良し」としない商売は駄目ですよ。

売り手と買い手が良くても、その商売に係わる利益が社会に還元されて「世間が良し」とならない商売は駄目ですよ。

これが日本の商売の原則である。

なぜなら、「売り手」「買い手」「世間」は実は同じものの別の側面であるからだ。

大手が中小企業の競争者を潰すために、徹底的な安売りを続ける。すると中小企業の社長が自殺し、従業員が路頭に迷う。
すると世間が多量の失業者を抱えることになり、景気が悪くなる。
すると購買意欲も失せて、需要が減退する。これは、大手にも影響する。だから日本の大手は昔は、このような馬鹿なことはしなかった。

しかし、新自由主義者にとって、これは我慢ならないことらしい。
競争原理の導入とか競争の促進とか彼ら(竹中・大前)が言うその競争とは、日本の古来からの商売上の競争ではなく、競争合手を追い詰め倒産させ従業員を路頭に迷わせるまでの競争なのである。

日本的な三方良しは既得権益を守る微温湯的な悪い商慣習というのが彼らの主張である。

それは違うと思う。
[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-22 08:43 | 祖国

なくそう戸籍と婚外子差別・交流会の勝利

b0302344_145735.jpg


 


もはや「戸籍」は風前の灯である。


 


 


日本で最初の全国的な戸籍は「庚午年籍」である。


646年(大化2)改新の詔を発布して今後の政治改革の方針を示した。


『日本書紀』には670年(天智9)二月条に「戸籍を造り、盗賊と浮浪とを断ず」とみえる。


畿内はもちろん、西は九州から東は常陸・上野まで造籍の実施されたことを示す。


氏姓を確定する台帳の機能を果たしたものと思われる。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-09 00:55 | 祖国

東京2020国際招致PRフィルム






[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-09 00:50 | 祖国

TOKYO 2020 FINAL Presentation FILM


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-09 00:46 | 祖国

高円宮妃久子さま IOC総会で復興支援に感謝の言葉





 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-08 18:54 | 祖国

安倍首相のプレゼンテーション





  


委員長、ならびにIOC委員の皆様。


東京で、この今も、そして2020年を迎えても、世界有数の安全な都市・東京で大会を開けますならば、それは私どもにとって、このうえない名誉となるでありましょう。


 


フクシマについてお案じの向きには、私から保証をいたします。状況は統御されています。東京には、いかなる悪影響にしろ、これまで及ぼしたことはなく、今後とも及ぼすことはありません。 


 


さらに申し上げます。他のどんな競技場とも似ていない真新しいスタジアムから、確かな財政措置に至るまで、2020年東京大会は、その確実な実行が確証されたものとなります。


 


けれども私は本日、もっとはるかに重要な、あるメッセージを携えてまいりました。それは、私ども日本人こそは、オリンピック運動を真に信奉する者たちだということであります。


 


この私にしてからが、ひとつの好例です。私が大学に入ったのは1973年。そして始めたのがアーチェリーでした。一体どうしてだったか、おわかりでしょうか。


 


その前年、ミュンヘンで、オリンピックの歴史では久方ぶりにアーチェリーがオリンピック競技として復活したということがあったのです。つまり私のオリンピックへの愛たるや、そのとき、すでに確固たるものだった。それがうかがえるわけであります。


 


今もこうして目を瞑りますと、1964年東京大会開会式の情景がまざまざと蘇ります。


一斉に放たれた何千という鳩。紺碧の空高く5つのジェット機が描いた五輪の輪。何もかも、わずか10歳だった私の目を見張らせるものでした。


 


スポーツこそは世界をつなぐ。そして万人に等しい機会を与えるものがスポーツであると私たちは学びました。オリンピックの遺産とは建築物ばかりをいうのではない。国家を挙げて推進した、あれこれのプロジェクトのことだけいうのでもなくて、それは、グローバルなビジョンを持つことだ、そして、人間への投資をすることだと、オリンピックの精神は私たちに教えました。


 


だからこそ、その翌年です。日本はボランティアの組織をこしらえました。広く遠くへとスポーツのメッセージを送り届ける仕事に乗り出したのです。


以来、3000人にも及ぶ日本の若者がスポーツのインストラクターとして働きます。赴任した先の国は80を超える数に上ります。働きを通じ、100万を超す人々の心の琴線に触れたのです。


 


敬愛するIOC委員の皆様に申し上げます。2020年に東京を選ぶとは、オリンピック運動の一つの新しい力強い推進力を選ぶことを意味します。


なぜならば、われわれが実施しようとしている「スポーツ・フォー・トゥモロー」という新しいプランのもと、日本の若者は、もっとたくさん世界へ出ていくからです。


学校をつくる手助けをするでしょう。スポーツの道具を提供するでしょう。体育のカリキュラムを生み出すお手伝いをすることでしょう。


やがて、オリンピックの聖火が2020年に東京へやってくる頃までには、彼らはスポーツの悦びを100を超す国々で1000万になんなんとする人々へ直接届けているはずなのです。 


 


今日、東京を選ぶということ。それはオリンピック運動の信奉者を、情熱と誇りに満ち強固な信奉者を選ぶことにほかなりません。スポーツの力によって世界をより良い場所にせんとするためIOCとともに働くことを、強くこいねがう、そういう国を選ぶことを意味するのです。


 


みなさんと働く準備が私たちにはできています。ありがとうございました。


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-08 18:14 | 祖国

オリンピック・マーチ 1664





 


 


1964年10月10日(土)から24日(土)まで、第18回オリンピック競技大会が東京で開催された。


93の国と地域から5,500名を超える役員・代表選手が、アジアで初めてのオリンピックに参加。日本からは437名(役員82名/選手355名)の代表選手団が全実施競技にあたる20の競技に出場。


その活躍は、日本のオリンピック史上に残る輝かしい成績とともに我々に大きな感動を与えた。


 


開会式は、1958年に東京で開催された第3回アジア競技大会の際に建設された国立競技場が使用された。


グランドの改修とスタンド拡張(収容人員を52,000人から71,600人に拡張)など、オリンピックのために大改修がなされ、東京オリンピック大会会期中は、開閉会式、陸上競技、サッカー(一部予選と決勝戦)、などに使われた。


 


前日の雨が嘘のように晴れ渡った10月10日午後1時50分、音楽家・故団伊玖麿氏作曲によるオリンピック序曲が演奏され、オリンピック旗および参加国旗が一斉に掲揚された。


天皇陛下のご臨場、さらに君が代の演奏の後、オリンピックマーチに合わせ選手団の入場となった。


 


選手団の入場はギリシャ選手団を先頭に、アルファベット順に各選手団が続き、開催国日本の代表選手団は最後に入場。


当時、各選手団には縦列行進の際、歩度120、歩幅75cmと指示が与えられていた。


 


1周400mのトラックを1周した選手団はフィールド中央に縦列で整列。


式台に登壇したアベリー・ブランデージ国際オリンピック委員会(IOC)会長と安川第五郎オリンピック東京大会組織委員会会長がそれぞれ挨拶。


 


この後、ブランデージIOC会長の挨拶と天皇陛下への開会宣言の依頼が行なわれ、14時50分過ぎに、ロイヤルボックスのご自席で起立された天皇陛下により第18回オリンピック競技大会の開会宣言が行なわれた。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-08 17:26 | 祖国

藤井聡:国土強靭化基本法案・道州制は?


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-07 13:50 | 祖国

下村文科相に聞く 歴史教科書問題と教育再生


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-03 21:15 | 祖国

JANZUS体制構築で西南太平洋の防衛を確立せよ


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-09-02 08:57 | 祖国