カテゴリ:宇宙戦艦ヤマト( 8 )

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち



上の古代の台詞の「地球」を「日本」に置き替えて見てください。
西崎の旦那は、結局はこれを作りたかったのだなあと思います。

「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」は1978年8月に東映系映画館で公開のアニメーション映画。
テレビシリーズ「宇宙戦艦ヤマト」の続編になる。
テレビ版の第一作は最初から人気があったのではなく、再放送されてから人気が出た。
イスカンダル星まで放射能除去装置を取りに行く「長い」ストーリィである。
しかし、この2作目は、最初から戦闘である。

ガミラスの侵略を退けてから1年後の西暦2201年、白色彗星帝国が宇宙の各惑星にその侵略の手を伸ばしていた。
地球は復興をほぼ終え、都市は活気づき平和に満ちていた。
古代進も護衛艦艦長として輸送補給船団に同行していたが、偶然、発信源不明のメッセージを受信する。
そのメッセージは、救いを求めるような女性の声であった。
かつてのヤマト乗組員たちは、危機の正体を突き止めるためにヤマトを発進させる。
テレザート星に到着した古代たちは、メッセージの発信者であったテレサを救出する。
テレサは、白色彗星帝国が宇宙の星々を次々と侵略しており、次に狙っているのが地球であることを告げる。
白色彗星帝国は地球に迫り、最新鋭戦艦アンドロメダを旗艦とした地球艦隊を全滅させる。
ヤマトは白色彗星の渦の中心核に波動砲を打ち込む。
彗星は火の玉となって炎上するが、その中から巨大な要塞、都市帝国が出現する。
激しい戦闘の中で次々と乗組員たちが戦死していく。
古代たちは都市帝国内部に侵入して動力炉を破壊する。
しかし、その都市帝国の内部から超巨大戦艦が出現する。
エネルギーもほとんど尽きているヤマトを嘲笑するズォーダー大帝に向かい、古代は徹底抗戦を宣言。
ある決意を固めた古代は、生き残った数少ない乗組員をヤマトから退艦させ、超巨大戦艦に向けヤマトを発進させる。

巨大な侵略軍が地球に迫り、地球軍は応戦するが全滅する。
最後に残されたヤマトは特攻作戦を取り、敵の巨大戦艦と共に自爆する。
あまりにも軍事色が強いので、この続編は評判が良くなかたが、最後に特攻と心中まで入れてあるので、進歩的文化人は「なんちゅうものを作るのか」と怒ったことだろう。
西崎の旦那も、これがヤマトの最後です。二度とお目に掛かることはありません。
・・・・とわざわざ映画の最後にメッセージを残し「我儘、言ってすませねえだ、許してたも」。

b0302344_1652915.jpg

























でも・・・・・・
観客動員数 400万人
興行収入 43億円
配給収入 21億円2千万円
東映は配給収入の目標を15億円としたが、目標を上回り前作の2倍以上の21億円とアニメ映画史上に残る大ヒット。

そこで、続編を作ることになったのだ。
ゴジラ映画では「これが最後だ」と言い続けて25作も作ってしまったのだから。
良くある話です。
西崎の旦那は「宇宙戦艦ヤマト3」まで作り、そこで終了。
その後は別のスタッフで製作が続いたので西崎と松本零士との裁判になりました。
この映画の成功の後に、同じストーリィでテレビアニメが始まるが、
こちらの方は最後の特攻も心中もなし。
「ヤマトシリーズを続けるために筋を変えた」と非難されてますが、テレビで特攻はまずいという判断だったのでは。
WIKIIによると。
---------------------------------------------------------
本作と「宇宙戦艦ヤマト2」の結末が大きく異なることについては、ふたつの見解がある。
監督である松本は戦争の記憶の残る時期に発表された前作において「目的を果たし、生還する」というメッセージ性を強く意識しており、ゆえに彼は本作の結末が特攻を美化するとして良しとせず、「生き残って再建の苦しみを描くべき」と主張した。そのため、後にテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2』が製作されることになる。
一方、安彦良和によると、本作がヒットした結果、製作側は「もっと続編が作りたくなっちゃって、また生き返らせろというんですよ(笑)」ということになり、安彦は反対したものの本作のキャラクターは生き返り、続編を制作することになった。
--------------------------------------------------------------------
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-12-14 16:02 | 宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち




宇宙戦艦ヤマトは漫画。小説などの原作があったわけではなく、最初からアニメとして製作されたものである。
製作者の西崎義展が自身で原案を考え、それを実現するためのスタッフを集め、企画をテレビ局に持ち込んで、スポンサーを集めて、なんとか放映にこじつけたテレビアニメである。
企画の原案作成は1973年頃。この時期からテレビ局に提案している。
1974年になり、第一作の「宇宙戦艦ヤマト」のテレビ放映が始まるが、最初から視聴率が高かったわけではない。本放送が終わり地方の放送局で再放送されて、この時期から人気が急上昇したのである。
その後、第一作のテレビ放送の動画をくっつけた映画館用の総集編が1977年に作られる。これがヒットしたのである。
そこで翌年の夏に「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」がアニメ映画として東映系で公開される。
これは、ヤマトを敵巨大戦艦に衝突させて自爆させる結末。特攻を正面から賞賛する映画であったが、世の九条教信徒を激怒させる内容ながら、観客総動員数400万人の大ヒットとなった。
この映画のヒットにより日本の軍国主義復活を恐れる米国・中国・韓国が対日工作を開始する。
1980年代から始まる従軍慰安婦、靖国神社問題の2つは、暗黒国家連合による対日政策であったのだ。
当然、九州の海に沈む戦艦大和を宇宙に飛ばした西崎への攻撃は熾烈を極めた。
西崎は「お騒がせてすいませなんだ」と、さらば宇宙戦艦ヤマトの最後に「もう、二度と現れることはありません」とまで書いて、ヤマトと共に隠遁生活に入る予定であったが、まさかの大ヒットである。
結局、映画版の「さらば」(1978)の後にテレビアニメ化した「ヤマト2」(1978-1979)は、特攻攻撃も古代と森ゆきとの心中場面をやめてしまった。テレビではとても許されないシーンではあったが。

その後、製作されたのが「宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」である。
フジテレビ系列で1979年7月31日に特別番組として放映されたテレビアニである。正味の放映時間は93分で、本放送は30%を越える高視聴率を得た。

西暦2201年後半、あの熾烈を極めた白色彗星帝国との戦いから一ヵ月後、『宇宙戦艦ヤマト2』でヤマトと別れたデスラー率いるガミラス帝国残存艦隊が、新天地を探す旅に発つ前に、今は廃墟となり無人となった母なる星ガミラスに最後の別れのために立ち寄ったところ、謎の勢力である暗黒星団帝国がガミラシウムを無断で採掘していた。
これに激怒したデスラーは攻撃を加え、交戦の結果、ガミラスは大爆発を起こし消滅。
それにより連星を構成していたイスカンダルは引力のバランスを崩し宇宙空間を漂流し始める。
デスラーは愛するスターシャのいるイスカンダルをただちに追跡するが、暗黒星団帝国のデーダー率いる第一艦隊もイスカンダリウムを目的にイスカンダルを追撃していた。
その頃、地球では修復されたヤマトに新たな乗組員を迎え、ヤマトの試験航海を兼ねて訓練航海へと旅立ち、猛訓練に励んでいた。
デスラーから発信された、救援を求める通信によりイスカンダルの危機を知ったヤマトは、地球防衛軍長官の命により、スターシャと古代守の救助のためにイスカンダルへと向かう。



アニメ版ではスターシアは自爆する。
ゲーム版では自爆せずに生き残る結末にしている。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-10-11 23:11 | 宇宙戦艦ヤマト

「海底軍艦」から「宇宙戦艦ヤマト」へ

海底軍艦の上映が1963年
それから10年、1974年にTVで宇宙戦艦ヤマトの放映が始まった。
海底軍艦はマッハ2の速度で空を飛ぶのだが、
何故に飛べるのか不明であった。
しかし、宇宙戦艦ヤマトは、空を飛ぶだけでなく宇宙まで旅立つのだから凄いのだ。
イスカンダルより波動エンジンの設計図が送られてきたので可能になったという設定ですが。
宇宙戦艦ヤマトの物語は以下の通り。

西暦2199年、地球は謎の異星人国家・ガミラス帝国の侵略を受けていた。
ガミラスは冥王星に前線基地を建設し、西暦2192年より、地球に対して遊星爆弾による無差別攻撃を加えていた。
海は蒸発し地球は赤茶けた姿に変貌し、放射能汚染で地上の生物は死滅する。
人類は地下都市を建設し、地球防衛軍を結成して抵抗を続けていたが、科学力の差の前になす術もなく、地下にも放射能汚染が進行し、人類の絶滅まであと一年と迫っていた。
最後の地球防衛艦隊が、冥王星空域でのガミラス宇宙艦隊との交戦で壊滅し、人類生存の希望は完全に潰えたかに見えた。
しかし、この交戦の最中に外宇宙から飛来した一隻の宇宙船が火星に不時着、通信カプセルが回収される。
その中にはイスカンダル星から、「放射能除去装置 コスモクリーナーDを受け取りに来るように」との救援メッセージと、航海に必要な波動エンジンの設計図が納められていた。
極秘裏に宇宙移民船へと改造中だった第2次世界大戦中に九州、坊ノ岬沖にアメリカ軍の攻撃により沈没した戦艦「大和」に波動エンジンが搭載され、宇宙戦艦ヤマトとして目的が地球脱出から放射能除去装置・コスモクリーナーDの受け取りに変わる。

14万8千光年の彼方、大マゼラン星雲のイスカンダル星に向け、地球時間1年以内に帰還しなければ人類滅亡という状況下、宇宙戦艦ヤマトは人類最後の希望を託されて往復29万6千光年の旅に発つ。


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-07-28 22:31 | 宇宙戦艦ヤマト

海底軍艦

b0302344_655514.jpg

b0302344_6559100.jpg

b0302344_6606.jpg


1963年に上映された映画「海底軍艦」は、海から半魚人が現れるところから始まる。
1960年代に見た東宝の特撮映画の中で、私が最も好きなのは、この「海底軍艦」であった。
怪獣映画はゴジラにしろ、モスラにしろ、我が東京を襲ってくるのであり、都民は逃げるだけである。
ところが、この海底軍艦は、敵の宣戦布告に反撃し、最後は敵を撃破してしまうのだから、少年達は夢中になった。
私は町内の映画館に見に行ったが、その後、しばらくは夢のような気分に浸っていた。
戦後教育は「日本は悪である。平和が尊い」と教えたように思われているが、あまり、そのような記憶がない。
学校の先生は「日本は悪くなかった」「次回は、負けないぜ」と教えていたし、私の周囲には大江健三郎のような子供は居なかったのである。
この「海底軍艦」が、特に少年達を感動させたのは神宮司大佐の存在である。
日本の敗戦に納得しない神宮司大佐は仲間とイ403潜水艦で反乱を起こし消息を絶った。
その後、南の島で、大日本帝国海軍の再興を目指して海底軍艦を開発していたのである。
神宮司大佐のイ403潜水艦は南の島に行く途中、国籍不明の潜水艦に攻撃される。
これがムウ帝国潜水艦であった。
神宮司大佐は海底軍艦(轟天号)の設計図を持って脱出に成功したが、イ403潜水艦はムウ帝国に奪われ神殿に飾られる。(脚本家は分かってますな、世界を震撼させたイ400潜水艦のことを)
その後、ムウ帝国は日本及び国連に宣戦を布告する。
国連は総合防衛司令部を設置、最新鋭の原子力潜水艦や人工衛星による警戒網を動員する。
だが、ムウ帝国の潜水艦を深海に追った原子力潜水艦は水圧に耐え切れず圧壊爆破してしまう。
日本政府は、ムウ帝国撃滅のために海底軍艦の出動を神宮司に要請するが、拒絶される。
海底軍艦の出動は国連の要請であるとも伝えるが「海底軍艦は大日本帝国再興のために開発したものだ。国連のためになんか使えるか(怒)。」
(国連は敵の連合軍ですから神宮司は協力したくない。それだけではなく、神宮司は海底軍艦で戦後秩序を変えようと思っていたのだから・・・連合国に協力など冗談ではない)
「日本は戦争を放棄した」
「なんという愚かな」
「平和国家なのだ」
「情けない」
「平和の中で繁栄している」
「英霊に恥ずかしいと思わないのか?」
・・・・・こうした議論が繰り返されるのだが、
「その戦後の秩序とやらを海底軍艦で変えます」という言葉にシビレましたよ。

でも、こrではドラマが進まないので、それから、必死で神宮司の説得が続けられ、
「そんなに言うなら、協力する」と、しぶしぶ納得する神宮司。



海底軍艦は海だけじゃなくて空も飛ぶ万能兵器である。
こうして圧倒的な技術を誇る海底軍艦の攻撃により
ムウ帝国は滅び、世界は救われるのであった。




 


 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-07-28 22:05 | 宇宙戦艦ヤマト

宇宙戦艦ヤマト

「宇宙戦艦ヤマト」は1974年に讀賣テレビ放送・日本テレビ放送網で放送されたテレビアニメである。
この作品は、子供向けアニメ中心の中で視聴率が上がらず苦労したが、再放送で評価され、日本のアニメを大きく発展させる起爆剤となった。
鉄腕アトムも鉄人28号も戦時中の日本の科学者が開発していた戦闘用のロボットであった。
海底軍艦も同様であった。
宇宙戦艦ヤマトを最初に見た時、「ついに神宮司大佐の海底軍艦が宇宙に飛び出したか」と思った。
1970年以降に中国共産党の工作が盛んになり、それ以降に教育を受けた現在の50代、40代の方は「日本は侵略国であった」という自虐史観の影響を受けているが、60代、70代以上はそのような教育は受けていない。
日本はアジアの解放のために戦い、原爆投下という国際法違反の大虐殺には復讐する権利があると考えていた。
こうした風潮が大きく変わるのは1970年代であり、1974年のヤマト発進は最後のチャンスであったと思う。
ヤマト2は、ヤマト1よりさらに軍事色の強いものであり、劇場版では特攻攻撃により地球を救うことになcつている(さすがにテレビ版はそこまではやらなかった)。
この作品の著作のクレジットはオフィスアカデミーであり、小説や漫画などの形で先行した、いわゆる原作(漫画、小説)は存在しない。
・虫プロ商事と瑞鷹エンタープライズにも籍を置いていたオフィスアカデミーのプロデューサー西崎義展が虫プロダクションの山本暎一に声をかけ1973年の初め頃に企画を立ち上げた
・ストーリィは豊田有恒とスタジオぬえのメンバーが参加して練られたものである。
・西崎は海野十三や南洋一郎によるSF冒険作品から影響を受けた。やはり「海底軍艦」と関係していた。
・宇宙船のデザインは戦艦「三笠」から「長門」らしくなり、最終的には「大和」となった。
・1974年の4月頃になって、松本零士がデザインのスタッフとして参加依頼を受けた。既に『宇宙戦艦ヤマト』のタイトルも読売テレビでの放映も決定していた段階での参加であったが、松本の旦那は全てを彼の好みに変えてしまった。これが後の著作権を巡る裁判へとつながってゆく。
・西崎が戦艦大和の出撃シーンに軍艦マーチを使うという素晴らしい発想を、ご禁制の「戦争賛美」であると大反対して止めたのは松本の旦那である。これでヤマトが生き残ったのも事実であろう。
・松本の旦那の祖父は帝国軍人であり、終戦まで米国軍と戦闘機で戦っていた。敗戦後は自衛隊に誘われたが「敵の飛行機には乗れない」と断ったという。海底軍艦の神宮司のような男である。



[PR]
by yuyuu-yano | 2014-07-27 04:19 | 宇宙戦艦ヤマト

Godzilla Final Wars海底軍艦とドン・フライ

p>


2004年にゴジラ出現50周年を記念して制作された、一応、ゴジラの最終回とされる映画。
北村龍平監督を起用したゴジラ映画としては全くの異色作。

怪獣の動きを早くし、まるで格闘技にように暴れまわるので古くからのゴジラファンには受け入れられなかったようである。
しかし、古いファンへのサービスとして、海底軍艦が最初から最期まで登場する。
嬉かあああ。
この海底軍艦は、日本海軍の秘密兵器として開発された巨大潜水艦イ400をモデルにしている。
そして、この海底軍艦のキャプテンがドン・フライなのである。
[PR]
by yuyuu-yano | 2013-02-10 23:58 | 宇宙戦艦ヤマト

実写版宇宙戦艦ヤマト

「三丁目の夕日」の山崎監督作品。


実写とCGの融合。そこが味噌。


撮影は2009年10月12日より開始され、同年12月29日にキャストによる撮影のほぼすべてが完了した。


公開までの残り約1年をかけて、素材撮影・全体の80%に及ぶVFX部分を制作した。


 


制作費20億円


興行成績40億8000万円。  


 


b0302344_1465740.jpg


 


b0302344_1465718.jpg


 


b0302344_1465783.jpg


 


b0302344_1465739.jpg


 


b0302344_1465736.jpg


 


 


b0302344_1465750.jpg


 


ワープの実写。おそろし。


 


b0302344_1465753.jpg


 


木星航路をゆく。


[PR]
by yuyuu-yano | 2011-11-13 22:12 | 宇宙戦艦ヤマト

潜水艦イ-57降伏せず

b0302344_215787.png


 


「5分後に降伏するようとの事です」


敵に伝えよ「日本の潜水艦イ-57は降伏せず。戦闘を開始する。」


映画の最終局面での艦長の台詞である。


 


この映画の完成は1959年。


私は小学生だったが父に連れられて見に行った。


小学生で、はたして、どこまで理解できたか分からないが、この映画の印象は強烈で、しばらく風呂場で潜水艦遊びが流行った。


潜水艦のプラモデルも購入した。


 


ストーリー は以下の通り。


1945年(昭和20年)6月、太平洋戦争にて敗戦濃厚となった大日本帝国海軍において最前線に従軍していた潜水艦「イ-57」は突如ペナンに寄港を命ぜられる。


某国の外交官父娘を中立国であるスペイン領カナリー諸島まで輸送する任務を負った。


この外交官は早期講和を目指す大本営の秘密工作であり、艦長以下の反対も派遣された参謀の説得により収まった。


しかし外交官父娘の正体は一般乗組員には知らされないままであった。


「イ-57」はアフリカ沖目指してインド洋を潜行する。


途中、敵の駆逐艦による攻撃などにも耐えようやく喜望峰沖まで達した時、連合国はポツダム宣言を発表し「イ-57」の航海は全くの無意味となった…。


 


その後、カナリア諸島に到着してから外交官父娘を下ろし、再びイ-57は戦闘に戻る。だが、長期航海のため魚雷は6本しか積んでなく、敵の猛攻により撃沈される。


 






 


昨日、この映画を50年ぶりに見直したが良く出来ている。


シナリオも素晴らしい。


実は1953年に新東宝が映画「戦艦大和」を制作したが、これは一方的にやられるだけで、少年達の評判は悪かった。(今、見ると味にある良い映画だが)。


このイ-57は、最後には撃沈されるが、それまでは戦果を上げており、なにより「降伏せず」の台詞が少年達の心を捕らえたのであった。


 chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)---


Wikipediaより


 


 艦上撮影に当たっては海上自衛隊の協力を受け、当時日本でただ一隻の潜水艦、「くろしお」]を使用。


百数十人の撮影スタッフが危険な海上撮影を敢行した。また海上自衛隊はくす型護衛艦や護衛艦わかば他、駆逐艦、内火艇など、草創期の海上自衛隊艦艇を多数出動させて、撮影に協力している。


 


本作の特撮シーンでは、特撮用に手前が深く造られた小プールが用意され、サンゴや岩場を配置した海底が再現された。


このプールの側面には撮影用の小窓が設けられ、魚雷の発射や海底から見た水面描写など、鮮やかな映像の数々が撮影された。


イ号を始め、各種船舶も20尺(約7m)を超える大型のミニチュアが用意され、主役のイ号は艦首だけのものや、実物大のブリッジも制作され、迫力のある海戦シーンが織り込まれている。


chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)chr(hex 45)----


ことらはKAZKさんが中学時代読んだという「伊58潜帰投せり」。いまや文庫になっている。


 


 

b0302344_215797.jpg


[PR]
by yuyuu-yano | 2011-06-05 12:43 | 宇宙戦艦ヤマト