カテゴリ:ハリー・ポッター( 8 )

Harry Potter and the Deathly Hallows



 


「ハリー・ポッターと死の秘宝」は、イギリスの児童文学作家J・K・ローリングによって2007年7月21日に発売された子供向けファンタジー小説。


「ハリー・ポッターシリーズ」の第7巻であり、完結編でもある。


日本語版は2008年7月23日に静山社より発売された。


映画は前後編の2部に分けられ「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」が2010年11月19日に、


「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」が2011年7月15日に公開された。

 






[PR]
by yuyuu-yano | 2013-12-16 23:20 | ハリー・ポッター

Harry Potter and the Half-Blood Prince




 


2009年の映画。


この巻でダンブルドア校長が死ぬ。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-12-13 17:37 | ハリー・ポッター

Harry Potter and the Order of the Phoenix


 


小説は2003年


映画は2007年である。


この巻でシリウス・ブラックが死ぬが、


ダンブルドア校長は強かった。


  



[PR]
by yuyuu-yano | 2013-12-02 22:49 | ハリー・ポッター

HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE




2005年の映画。
監督がまた変わる。
期待が大きかったので不評の作品。

このあたりから恋が絡む。
エマ・ワトソンが美女に変身。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-11-30 18:41 | ハリー・ポッター

HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN


 


2004年の作品。監督が変わり映像がダークに。
出来はシリーズ最高峰ではないか?
タイム旅行のトリックは古典的だが面白い。

b0302344_166181.jpg


 


b0302344_166137.jpg


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-11-28 18:15 | ハリー・ポッター

Hermione Jean Grangerに惚れた



ハーマイオニー・ジーン・グレンジャーは、ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズに登場する架空の魔女である。
主人公ハリー・ポッターの親友であり、ホグワーツ魔法魔術学校グリフィンドール寮に所属する女子生徒で、ハリーとは同学年である。
理知的で生真面目な、学年1位の秀才。
膨大な知識量と論理的思考力でハリーをサポートする。
髪の毛は栗色、瞳の色は茶色。
髪の量は多く、魔法薬学の授業では鍋から発生する蒸気を吸って髪が膨らんでいる。

前歯が少し大きいことにコンプレックスを抱いている。
作者はハーマイオニーについて、容姿に自信がない女の子であると語っている。
実際、普段のハーマイオニーは常に20冊近い本を背負っている他、基本的に容姿には無頓着であり、髪も手入れをしない為ボサボサである。
ただし正式な場では、直毛剤を使って髪を結い上げ、美しい姿を見せる。

彼女は魔女の家系の出身ではない。
普通の人間の夫婦の間に生まれる。
性格は完璧主義者であり、登場初期は他人に対してつっけんどんな態度を取っていたが、ハリーやロンと親しくなってからは、友情に非常に厚い一面を見せるようになる。
用心深く、何事にも根拠を重んじる傾向が強い。

作者は公式サイトでハーマイオニーについて「失敗への大きな不安と恐怖」を持っていると語っており、実際に作中、確信のない推測を口にすることは滅多にない。
いわゆる「本の虫」で、読んだことのある本に書かれた内容ならば、どんな質問にも即答できるほど抜群の記憶力を持つ。
自分が持っていない知識や自分の推測を確認する時は本で確認するのが恒例である。
この他、論理的思考力や咄嗟の判断力にも優れている。ただし箒による飛行訓練など、身体を動かすことはあまり得意でない。
勉学に対する努力は惜しまず、3年次には逆転時計を使用して、授業時間が重複する科目を全て履修するといったこともしている。そうした努力の結果、学年1位の成績を修め続けており、ホグワーツの多くの教授からその才能を賞賛されている。



 


10歳の時に友人と『ハリー・ポッターと賢者の石』のオーディションに参加。


当初は遊び気分だったが、だんだんと真剣にオーディションに取り組むようになった。


オーディションは8回受けており、エマの予想では2回くらいで終わると思っていたため、回数を重ねるごとにナーバスになっていた頃、ロン役のルパート・グリントと共に呼び出され、ハーマイオニー役に決定した。


2001年に『ハリー・ポッターと賢者の石』でデビュー。以後、シリーズ7作目の『ハリー・ポッターと死の秘宝』まで出演している。


 


『ハリー・ポッターと賢者の石』と『ハリー・ポッターと秘密の部屋』での演技によりAOL最優秀助演女優賞に輝く。


また、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』ではイギリスの映画誌トータルフィルムの読者投票で最優秀新人に選出された。


2009年12月、「過去10年間で最も興収を稼いだ女優」としてギネス・ブックに載ることがわかった。


エマが2000年から2010年までの過去10年間で出演した映画は『ハリー・ポッター』シリーズ以外で声優を務めた『ねずみの騎士デスペローの物語』を入れても、映画1本あたり約9億ドル(日本円で約800億円)、合計で約54億ドル(日本円で約4860億円)という莫大な金額を稼いでいたという。


2011年1月、米経済誌フォーブス誌が『スクリーン上で最も(興行収入を)稼いだカップル』のランキングを発表し、『ハリー・ポッターシリーズ』のルパート・グリントとエマ・ワトソンが1位にランクインした。


ルパートとエマは『ハリー・ポッターシリーズ』だけで63億ドル(日本円で約5229億円)を稼いでいた。

 


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-11-27 00:03 | ハリー・ポッター

HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS



2003年公開の第2作。
長くて眠くなったという人も居るが、私は全くそういうことはなく、2回見てしまった。
1回150分、合計300時間。5時間。

この2作目と次の3作目が一番好きである。


[PR]
by yuyuu-yano | 2013-11-25 20:02 | ハリー・ポッター

HARRY POTTER AND THE SORCERER‘S STONE.



第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』がロンドンのブルームズベリー出版社から1997年に刊行されると、全く無名の新人による初作であるにもかかわらず、瞬く間に世界的ベストセラーになった。
2001年から8本のシリーズで公開された映画(2011年完結)も大きなヒットを記録。
当初から全7巻の構想であり、最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の原書が2007年7月21日に発売され、完結した。

この本の日本語版の第一巻が発売されたのは1999年の12月であった。
次女が本を買って欲しいと言って来たのでプレゼントした。

娘が読み終わった後に、私も読んでみた。

その後、小説は全巻、購入したが映画は見ていなかった。
娘は映画も全部、上演と同時に見に行っていた。




[PR]
by yuyuu-yano | 2013-11-23 20:10 | ハリー・ポッター