カテゴリ:ゴジラ( 40 )

地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン1972年

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』
1972年3月に公開した日本映画で「ゴジラシリーズ」の第12作。
観客動員数は178万人。

1972年は私は大学2年生で、ゴダールやアラン・レネやルイ・マルの映画を見ていたので、この映画を見る暇と心構えが出来ていなかった。
この映画は、ゴジラ映画史上初の、ゴジラが「吹きだしで話す」という、あっと驚くシーンがあるのだ。
シリアスなゴジラ映画愛好家は怒り狂ったという。
b0302344_052849.jpg



b0302344_052886.jpg



しかし、それは「ひし美ゆり子」に免じて許してもらうしかないのである。
この映画で、ゴジラは地球を守って「悪の怪獣」と闘う「正義の怪獣」という扱いとなったのだが、制作予算が全盛期の1/3以下の状況も変わらず、主要俳優に出演料の安い新人が使われ、特撮面では、過去の作品から大量に映像が流用されている。

ウルトラセブンのアンヌ隊員役のひし美ゆり子も・・・ギャラは高そうではなかったが、この映画では空手を使う女丈夫として大活躍である。
1954年のゴジラの第一作から、ゴジラの中に入って怪獣を演じていた中島春雄は、この作品を最期に引退する。
東宝をリストラされ、系列の撮影所横のボウリング場勤務となったのだ。
中島が再評価されるのは、遙か後の話である。

売れない劇画家の小高源吾は、マネージャー・友江トモ子が取ってきた、東京郊外で現在建設中の世界子供ランドの怪獣デザインの仕事にありつく。
世界子供ランドは「絶対の平和」をうたう謎めいた非営利団体の運営によって、中心にそびえる「ゴジラ塔」の頭の部分に事務局が置かれていた。

この「絶対の平和」を訴える謎の非営利団体は今でもいるのであるが、この映画では、その正体は地球征服を狙う宇宙ゴキブリであった。

連中のいう平和とは宇宙ゴキブリのとっての平和であり、平和を守るとは宇宙怪獣を地球に呼び寄せて、地球を征服することにあった。

その宇宙怪獣と言うのがガイガンとキングギドラなんですけどね。

b0302344_052879.jpg


このガイガンというのは動物ではなく、サイボーグのようである。
後にメカゴジラが生まれたのは、ここに原型がある。

b0302344_052890.jpg


平和を唱える怪しい連中の陰謀は許さんと自衛隊出動。
b0302344_052852.jpg


b0302344_052847.jpg

[PR]
by yuyuu-yano | 2015-01-11 12:38 | ゴジラ

西海橋落ちる

b0302344_2151943.jpg
佐世保じゃけんのう。


b0302344_2151945.jpg




今の駅前とはかなり、ちゃいまんのや。





b0302344_2151955.jpg



空が気になる・・・。





b0302344_2151951.jpg






わてらも気になる。


 


b0302344_215191.jpg


 


ラドンが飛んでいる。


 


b0302344_2151947.jpg


 


えらいこっちゃ。


 


b0302344_2151949.jpg


 


東洋一の西海橋には多くの観光客が・・・。


 


b0302344_2151991.jpg


 


被弾したラドンが海に落ちる。


 


b0302344_2151951.jpg


 


再び飛び立つ時に、橋が壊される。


西海橋は、この映画の公開時に完成したばかり。


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-11-03 21:33 | ゴジラ

博多を襲うラドン

b0302344_2151884.jpg
















大堀公園の上を飛ぶラドン。

b0302344_2151814.jpg






























ラドン着陸。


b0302344_2151834.jpg














中洲でんがな。








b0302344_2151850.jpg







b0302344_215196.jpg





b0302344_2151953.jpg


 


ネオンサインと燃える町。


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-10-28 19:17 | ゴジラ

ラドン

東宝の特撮映画、最初のカラー作品が「空の大怪獣ラドン」である。
1956年の公開。
これは黒沼健の原作もしっかりしていて、制作費2億円を掛けた大作なのである。
ゴジラと違いラドンはこれと言った武器もなく、自衛隊の猛攻撃でやられてしまう。
最初に出てくるのが炭鉱である。

b0302344_2151841.jpg
b0302344_215187.jpg
b0302344_2151881.jpg
b0302344_2151845.jpg
b0302344_2151833.jpg
b0302344_2151871.jpg












































































































































子供の頃、炭鉱の落盤事故のニュースが多かった。
1959年には三池炭鉱の大規模ストライキがあり、連日、新聞で報道されていた。
炭鉱に住む子供達を描いた「ボタ山の子ら」と言う記録映画を学校で見た記憶がある。
日本はまだ貧しかった。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-10-26 19:19 | ゴジラ

ゴジラvsビオランテ



『ゴジラvsビオランテ』は1989年に公開された「ゴジラシリーズ」の第17作である。観客動員数は200万人、配給収入は10億4千万円。


味のある作品であるが、やはり植物怪獣というのが無理があるのか観客動員数は伸びなかった。
1984年の『ゴジラ』の直接の続編。
特技監督に川北紘一


脚本と監督に大森一樹


音楽にすぎやまこういちを起用。


そして、以降のシリーズでメインキャラクターとなる超能力者・三枝未希が初登場する。
映画の展開はゴジラとビオランテの対決よりも「ゴジラ対自衛隊」に軸足を置いている。
ゴジラ(略して“G”と呼称)は「特殊災害」と規定され、4段階の警戒態勢が設けられている。

1985年、ゴジラ襲撃から一夜明けた新宿では、自衛隊が廃墟内の残留放射能を検査する一方、ゴジラの体の破片を回収する作業が行なわれていた。


その最中、米国のバイオメジャーもG細胞の採取に成功、自衛隊に発見され銃撃戦となる。
辛くも逃げ切った彼らだが、サラジア共和国のサラジア・シークレット・サービス工作員によって全員射殺されG細胞も彼の手に渡る。


サラジア共和国に運ばれたG細胞は、白神博士の研究室で小麦などの作物と融合させ、砂漠でも育つ植物を生む実験に使用されていた。


しかし、G細胞争奪戦に敗れたバイオメジャーの策略で研究室は爆破され、白神博士はG細胞と共に最愛の娘・英理加を失う。



b0302344_1655547.jpg


















白神博士がゴジラの細胞と薔薇の細胞と愛娘の細胞を融合させたのがビオランテである。

b0302344_1655516.jpg


















白神博士と超能力少女。
b0302344_1655532.jpg



















三枝未希の超能力も自衛隊の戦力として運用されている。


b0302344_1655526.jpg
b0302344_1655519.jpg





































なお、この作品は自衛隊が全面的に協力する。
劇中に登場する自衛官は役者(エキストラ)だが、登場する自衛隊車両(ジープ・73式大型トラック・自走砲・戦車等)は全て現役の自衛官が操縦した。国会で可決された『ゴジラ対策立法』を基に、ゴジラ災害を担当するセクションの中心的な部署として国土庁特殊災害研究会議Gルームが設置され、陸上幕僚監部調査部から人員が出向。
また、対ゴジラ作戦のための特別教育・訓練を受けた自衛隊員で構成される防衛庁に特殊戦略作戦室が設置された。
この部署には防衛庁と三友重工が共同で開発したスーパーX2を駆使して作戦に当たることになる。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-10-24 19:41 | ゴジラ

ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘1966



『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』は、1966年(昭和41年)12月17日に公開された日本映画で、「ゴジラシリーズ」の第7作である。
観客動員数は421万人。
キングコング対ゴジラ」で1000万人を越える観客を動員したのと比較すると、半分以下に減っているが、この手抜きの映画で400万人は立派。
ゴジラは前作の「怪獣大戦争」から、完全に主役を降りて、3枚目俳優となっている。顔はクッキーモンスターであり、まるで怖くない。
おまけに南海の孤島しか出てこないので、ビルの町を壊すこともなく、経費は大幅削減だ。
もともとキングコングに8000万円を払った出演料を回収するために、
キングコング主役の映画であったのが、コングがヤーヨと言った(米国側が台本を拒否)ので、
代わりにゴジラが出演となった。キングコング用の台本をコジラが演じる妙な映画である。

で・・・主役は。

b0302344_226356.jpg


















主役女優が出られなくなって、急遽、水野久美がインファンと島から連れてこられた娘を演じる。

b0302344_226341.jpg


















インファント島はモスラの島である。
モスラよ助けてたも・・・と祈る。
b0302344_22632.jpg


















モスラの原作は「広場の孤独」の作者と「廃市」の作者等の合作なのだ。


b0302344_226329.jpg







b0302344_226383.jpg



























ザ・ピーナッツに続く2代目小美人。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-10-24 19:29 | ゴジラ

これはゴジラじゃない。イグアナだ。



アメリカの映画会社・トライスターは以前からゴジラのハリウッドでの映画化を狙っていたヘンリー・サパスタインが仲介人として、東宝からゴジラの使用権を買い、ハリウッド版ゴジラの製作は1992年頃に決定した。

しかしトライスター側が「ゴジラの製作権を全てトライスターが買い取り、東宝には今後一切ゴジラを作らせない」という条件を提示したため交渉は難航。

あたりまえだ。

最終的には“日本のキャラクターとして破格の『ギャラ』を受け取り、ハリウッドに出演した”という形になる。

なお、トライスター映画はソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの傘下にあり、出資母体は日本のソニー株式会社である。



1998年、このイグアノドン「ゴジラ」が上演された頃、
ロスの繁華街で、ゴジラ上演阻止のデモを行なっていた米国人を見た。と言っても10名程度だが。

米国のゴジラファンも、このイグアノドンには怒っていたらしい。

日本版の最大の特徴である放射熱線を吐かない。
炎を吐いているように見えるシーンは、爆発させた車に息(パワーブレス)を吐きつける事で炎を増大させているという設定。
細胞を調べた結果オスと判断されているが、無性生殖であるため単体での繁殖ができ、卵を200個以上産む。
子供は誕生直後から素早く行動でき、性格は獰猛。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-02-13 02:30 | ゴジラ

世紀の怪作「ゴジラvsキングギドラ」(4)

b0302344_195278.jpg


 


未来人の陰謀によりキングギドラの日本経済破壊がはじまった。


 


b0302344_195299.jpg


 


キングギドラは別名グローバリズムとも言われる。


又の名を規制緩和、財政再建、成長戦略とも言われ、


消費税増税が大好物である


 


b0302344_195241.jpg


 


このキングギドラを退治するには・・・自衛隊では無理。


首相官邸では「ベーリング海峡に眠る・・転送されたゴジラザウルスに核爆弾をお見舞いしてゴジラに変身させるしかない」・との素晴らしい結論となった。


それで核爆弾をどうやって調達するのか?


台本では「実は日本が密かに核爆弾を保有していた」と、良い子の世界の一般常識のような内容になっていたが、放射脳の多い日本ではやはり「まずかんべ」ということになり、「日本企業が海外に核兵器を搭載した原子力潜水艦を保有していた」と台本が書き直された。


 


b0302344_195394.jpg


 


b0302344_195377.jpg


 


この原爆保有企業の社長が、かつてゴジラザウルスに助けられたラゴス島守備隊長、その人であった。助かった命を日本経済復活に掛けて頑張ってきたのだ。


 


b0302344_195323.jpg


 


b0302344_195382.jpg


 


こうしてゴジラは復活し、反日のキングギドラとの決戦に向かうのである。


 


b0302344_195319.jpg


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-04 17:10 | ゴジラ

世紀の怪作「ゴジラvsキングギドラ」(3)

b0302344_252386.jpg


上陸した米兵はゴジラにやられたが・・・


b0302344_252313.jpg


 


b0302344_252376.jpg


 


b0302344_25232.jpg


 


艦砲射撃により・・・・


 


b0302344_252377.jpg


 


ゴジラは倒された。


 


b0302344_252369.jpg


 


我々を救って呉れた命の恩人を、このまま見捨てていくのは忍びないが・・・・


 


b0302344_252374.jpg


 


今の我々にはどうすることも出来ない。


 


b0302344_252348.jpg


 


ぐがあああ・・・・。


 


b0302344_25236.jpg


 


我々は本土に帰る。恩は決して忘れない・


 


b0302344_252317.jpg


 


b0302344_252313.jpg


 


ゴジラはそのまましばらく生き続けた。


その後、米軍によるビキニ環礁での原水爆の実験が行なわれ。


ゴジラは巨大化して日本を目指すことになる。


 


「ゴジラ対キングギドラ」1991年より


[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-04 17:06 | ゴジラ

世紀の怪作「ゴジラvsキングギドラ」(2) ゴジラVS米軍

怪獣映画の第一作であるゴジラは、米軍の接収されビキニ環礁で沈められた「長門」の怒りの戦後日本への帰還である・・・。
・・・・と以前、書いたことがある。
「戦争は間違いでした。もうしません。平和国家になりました。」という戦後社会への怒りの帰還なのである。




実は史実によるとゴジラは日本軍と共に、米軍と戦っているのである。

b0302344_25749.jpg



これが証拠の写真である。
次に再現映像である。

b0302344_25790.jpg



南太平洋に浮かぶ米国艦隊

b0302344_2572.jpg



b0302344_251128.jpg



b0302344_25112.jpg



b0302344_251168.jpg



b0302344_251434.jpg



b0302344_251417.jpg



b0302344_251768.jpg



b0302344_251746.jpg



ガオー(ええい・・・うるさいわ)

b0302344_251764.jpg



b0302344_252061.jpg



b0302344_252044.jpg



b0302344_252336.jpg



これが史実なのだ。
[PR]
by yuyuu-yano | 2014-01-02 12:43 | ゴジラ