門司港レトロ

b0302344_235457.jpg



 


海峡レトロ通りの写真。


 


http://www.dramaship.jp/intro/index.html


 


明治から昭和初期にかけ栄華を誇った街、門司港。


近代日本を支えた港町として歴史に名を刻んでいる。


 


明治二十五年に石炭の特別輸出港に指定され、貿易港としての地位を確立した門司港。


その後、日清戦争、日露戦争の勃発と共に、ますます栄えていくことになる。


中国大陸が近いこともあり、軍需品や兵士たちを送り出す重要な港となり、米、兵器、軍服などの品物を扱う商業が目覚ましく発展していった。


 


大正三年には門司駅新駅舎(現在の門司港駅)が完成。


この年の八月に日本は第一次世界大戦に参戦。十一月には中国の青島を攻略し、門司港は大戦景気にわいた。


 


その後、欧州航路の寄港地にもなり、港は莫大な利益を得ることになる。


大陸貿易も盛んで満州などへの貿易船、大陸航路の客船で大変にぎわっていた。


 


この頃には、日本三大港(神戸、横浜、門司)の一つとして数えられ、重要な国際貿易の拠点となっていた。


 


大商社や銀行が先を争って門司に支店を出そうとし、地下が暴騰したのもこの頃であった。


 


大陸貿易の発展とともにもう一つにぎわったものがあった。


花街である。


門司港には馬場遊郭という有名な歓楽街があった。


桜並木をはさんで数十件の鼓楼が立ち並び、妖艶な雰囲気を醸し出していた。


その後、この馬場遊郭は公娼廃止例によって歴史に幕を閉じることになる。


 


b0302344_235499.jpg


 


このように、終戦前までは栄えていた門司港だが、終戦とともに大陸貿易が縮小され石炭も減り、港として低迷し次第に衰退していくことになる。


 


b0302344_235421.jpg



 


b0302344_235465.jpg


 


b0302344_235496.jpg


 


 


[PR]
by yuyuu-yano | 2009-10-31 12:14 | 国内出張・忙中閑有
<< 怒るのは当然である ご褒美 >>