ヴァレンティーナ・イゴーシナ 




このクラシックなドレスが良いですな。
1978年生まれのロシアの女流ピアニスト。

ショパンの幻想即興曲。
ショパンの遺作を、友人のフォンタナが改作して発表したもの。
ショパンは、この楽譜は「焼いてたも」と遺言したといわれる。
その後、1960年頃、ルビンシュテインが元の楽譜を探し出して演奏している。

昔、大阪の北新地で、ピアノ伴奏で歌える店があり、
「何かリクエストしろ」というので、この曲を頼んだら、
見事な演奏で、全員、聞きほれた記憶がある。
[PR]
by yuyuu-yano | 2015-07-22 22:01 | クラシック音楽
underneath the ... >>